今やコンビニやスーパーなど、どこでも手に入る「サラダチキン」(関連記事:「サラダチキン戦争! 『そのまま』VS『参鶏湯』」)。そもそも、サラダチキンはどのようにして生まれたのか。サラダチキンの元祖といわれるメーカーを取材し、開発秘話や「元祖から見たサラダチキンの変化」について話を聞いた。

売れ残りがちな「むね肉」のために開発

 今ではどのコンビニでも必ず見かけるサラダチキンだが、その原型が誕生したのは今から20年ほど前。鶏肉の生産・加工を手がけるアマタケが、むね肉の販路を開拓するために開発した商品のひとつだった。今でこそ「脂肪分が少ないのでヘルシー」と人気の鶏むね肉だが、「日本では長い間、業界のお荷物的存在だった」とアマタケ戦略事業本部の佐藤優本部長は話す。

 昔からむね肉が好まれていた欧米と違い、つい最近まで日本ではジューシーなもも肉の人気が圧倒的に高かった。パサパサした食感のむね肉は敬遠され、売れ残りがちだったという。一羽の鶏にはほぼ同量のむね肉ともも肉がある。むね肉を売るための苦肉の策として生まれたのが、調理なしですぐ食べられるサラダチキンだった。

サラダチキン「ハーブ」(255円)。国産の鶏肉を使い、国内で製造しているのが売りだ
[画像のクリックで拡大表示]

 岩手県大船渡市に本社を持つアマタケは、鶏肉の生産や販売を行うかたわら、30年ほど前からスーパーの精肉売り場に卸す加工品の製造・販売にも力を入れ始めた。あるカフェチェーンのサンドイッチ用具材としてパンに合うハーブ風味の鶏むね肉加工品を開発したことが、サラダチキン誕生のきっかけだったという。2001年には業務用に卸していた加工品を個包装にし、「サラダチキン」と命名してスーパーでの取り扱いを開始した。

サラダチキンを発売した当初(2001年)のアマタケのギフト用商品。「ハーブ」(写真左上)、「タンドリー」(写真左下)、「たまり醤油」(写真中央下、右下)がサラダチキンとして先行販売された
[画像のクリックで拡大表示]