スターバックス コーヒー ジャパン(東京都品川区)が、ポイント制度の導入に乗り出す。2017年9月20日から、すべての飲食物を対象とした同社初のポイント制度「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」を始める。これまでは、コーヒー豆の購入などに限定したスタンプカードにとどまっていた。

 新たなポイント制度は、プリペイドカード「スターバックス カード」の利用者を対象としたもの。同カードは、スターバックスで使える専用のプリペイドカード。ウェブサイトから入金したり、登録済みのクレジットカードと連携して自動でチャージしたりして商品購入時に支払い手段として利用する。カードの保有者は、スターバックスの会員制ウェブサイトに無料会員登録をして、カード番号を登録することでポイント制度に参加できる。すでに登録済みのカード保有者であれば、サービスの開始と同時に参加となる。スターバックス カードを保有していなかったとしても、スマートフォン向けアプリ「スターバックス ジャパン公式アプリ」をダウンロードすることで、すぐに参加可能だ。

 スターバックスはポイント制度の提供開始と同時に、現在提供中のアプリを刷新する。従来のアプリでスターバックス カードを利用するには、既存のカード番号などを登録する必要があった。刷新版ではアプリ上でデジタル版のスターバックス カードを取得可能になる。これにより、プラスチックカードを保有しない利用者でも幅広く、カードのサービスやポイント制度を利用可能にした。

スターバックスは9月20日から、同社初のポイントプログラムを開始する
[画像のクリックで拡大表示]
金色のStarを150ポイント集めるたびに、700円以内の好きな飲食物やコーヒー豆などと交 換できるクーポンを取得できる
[画像のクリックで拡大表示]
最新のアプリではデジタル版のスターバックス カードの取得が可能になる
[画像のクリックで拡大表示]

 カード会員は店舗、またはオンラインストアでスターバックス カードで購入した商品の金額に応じ、50円ごとにスターバックスが開発した独自のポイント「Star」が1つたまる。ただし、マグカップやコーヒーボトルなどは対象外となる。ポイントは直接的な割り引きに使えるものではなく、ためることで新商品を先行購入できる権利を得られるなど、一般の顧客よりも優遇される制度となっている。

 また、会員登録した当初はたまるStarの色が緑だが、登録から1年以内に250ポイントためると、会員ランクが上がりStarの色が金に変わる。ランクが上がることで、金色のStar会員限定のプレゼントキャンペーンに参加できるなど、より優遇される。さらに金色のStarを150ポイント集めるたびに、700円以内の好きな飲食物やコーヒー豆などと交換できるクーポンを取得できる。