待ち時間なし、店舗に行くのに財布も不要で、人気飲食店を利用できる。スマートフォン向けアプリを活用して、そんなサービスを提供する飲食店が増えている。

 仕事の合間にデスクで昼食を取ろうと、テイクアウトを目的にファストフード店に行ったのに、注文の行列ができていて、待ち時間だけで10分以上も経ってしまった。人気の飲食店に行こうと思ったものの、店舗の行列を見てうんざりして断念した--。

 こんな経験を持つ人は、少なくないだろう。行列は、すなわち人気店の印となる半面、待ち時間が長引くことでフラストレーションがたまる。そこで、このフラストレーションを解消すべく、好きなときに商品を注文して、調理が完了したらスマホに通知が届いて並ぶことなく商品を受け取れる。そうした事前注文の機能を持つアプリを提供する飲食店が増えている。

 サラダ専門店「クリスプ・サラダワークス」を東京都内に5店舗展開するクリスプ(東京都港区)も、アプリを通じた事前注文サービスを提供する一社。同社は2017年7月16日に、事前注文の機能を主軸としたスマホアプリ「CRISP」の提供を始めた。提供開始から2カ月程度だが、すでにアプリ経由で毎日50件以上の注文が寄せられるなど、売り上げの底上げに効力を発揮している。

カスタムサラダをアプリから注文できるクリスプ・サラダワークスのスマホアプリ「CRISP」
[画像のクリックで拡大表示]

 クリスプ・サラダワークスは、カスタムサラダを売りにしたサラダ専門店。ロメインレタスやホウレンソウといったメインの食材を選び、そこにブロッコリー、トマト、トウモロコシ、ハム、焼いたチキン、チーズなどを自由にトッピングした自分好みのサラダを注文できる。コンセプトは「お腹いっぱい食べられるサラダ専門店」だ。「カスタマイズ次第で、男性でも満足できる量を食べられる。それでいて、ラーメンよりはヘルシー。そんなサラダ専門店を目指している」とクリスプの宮野浩史社長は説明する。

 同社の店舗は、売り上げの半分をテイクアウトが占める。恵比寿や六本木など、オフィス街が近い立地の店舗が多いため、昼どきは仕事の合間に買ってオフィスで食べるといった需要が高い。ところが、混雑時には行列ができるうえに、カスタムサラダという商品の性質上、1人当たりの注文時間が長引いてしまい、結果的に「来店者を会計まで30分近く待たせてしまうこともある」(宮野氏)。せっかく店まで足を運んでくれても、この混雑状況を目にして「今日はやめておこう」と思われては機会損失になる。注文する側も、自分の後ろに人を待たせていることを意識した状態では、ゆっくりトッピングを選ぶこともできないだろう。

 この課題を解決するためにクリスプは、利用者がスマホアプリでいつでも好きな時間にサラダを注文でき、調理の完了後は並ばずに商品を受け取れるサービスを開発した。