2017年7月1日・2日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「東京キャンピングカーショー2017」が開催された。出展車両は約200台。2月に幕張メッセ(千葉市)で開催された「ジャパンキャンピングカーショー」(展示車両約300台、来場者数7万4000人)に比べて規模こそ小さいものの、開場前から来場者が長蛇の列を作るなど、近年のキャンピングカー人気が本物であることを伺わせた。なお来場者は2日間で2万2580人(主催者発表)と、昨年から微増。

 2016年度における日本のキャンピングカー業界の売り上げ金額は、それまでの過去最高だった2015年度の357億1922万円をさらに上回り、365億4291万円(前年比102.3%)に達するという(日本RV協会調べ)。これは中古も含め、キャンピングカーの市場が今なお右肩上がりで成長していることを示している。

 近年は300万~500万円台というキャンピングカーの世界では、比較的リーズナブルな価格帯のモデルが人気の中心となっているが、その中でも特に注目されることが多いのが日本独自の規格である軽自動車をベースにした軽キャンピングカー(軽キャンパー)だ。モデルバリエーションも増え、すっかり一つのカテゴリーとして定着した感がある。日本RV協会によれば、同協会に所属するキャンピングカー事業者が2016年に出荷および輸入したキャンピングカーの総台数は5364台、廃車台数は118台で、日本国内におけるキャンピングカーの総保有台数は約10万400台となったと想定されている。このうち軽ベースキャンピングカーを生産台数ベースで見ると、2014年は689台だったのに対し、2015年は1077台、2016年は1096台とこの2年で大きく伸びていることが分かる。

 今回の東京キャンピングカーショーでも各メーカーから「バンコン(※1)」「キャブコン(※2)」「トラキャン(※3)」など、さまざまなタイプの軽キャンピングカーが出展されており、いずれも常に人だかりができていた。

[画像のクリックで拡大表示]
※1 バンコン:バンコンバージョンの略。バン、ミニバン、ワゴンなどワンボックスカーのボディーの外側にはあまり手を加えず、キッチン、サニタリー、就寝スペースなど、主に車内の改造に重点を置いたタイプのキャンピングカー。
※2 キャブコン:キャブコンバージョンの略。商用トラックやワンボックスカーのキャブ(運転席)部分をそのまま生かし、後部にはキャンピングカーメーカーが製作した独自の居住部分を架装したタイプのこと。
※3 トラキャン:トラックキャンパー。トラックの荷台に居住部分を載せたもの。