[画像のクリックで拡大表示]

 2017年3月に開催された東京モーターサイクルショー。ここでのホンダ(本田技研工業)ブースでのプレスカンファレンスで、バイク業界やユーザーは不意打ちを食らうことになった。「モンキー」の生産終了が発表されたのだ。

50年続いたモンキーが生産終了

[画像のクリックで拡大表示]

 モンキーは多くの人に知られた原付(第一種原動機付き自転車、エンジンの排気量が50cc以下)バイクだ。1967年に発売され、2016年末時点の累計生産台数はシリーズ全体で約66万台にのぼる人気車種。それだけに50年も生産が続いたモンキーがなくなるというニュースはファンや関係者にとっては衝撃的なものだった。

 背景にあるのは、2016年にスタートした新しい排出ガス規制の「平成28年排出ガス規制」。かなり厳しいものであることは知られていたが、その影響でまさかあのモンキーが生産終了になるとは、思われてはいなかった。これをきっかけに、新しい排ガス規制が急に生々しく、現実味を帯びて伝えられるようになったり、「原付バイクはなくなるのでは?」とあちこちでささやかれ始めたのである。

小型二輪車・軽二輪車の平成28年排出ガス規制。軽二輪車は126~250cc、小型二輪車は251cc以上を指す。最高速度で分けられた「クラス」というのが分かりづらいが、これは欧州の基準に合わせたため(出典:国土交通省「新車排出ガス規制の経緯(8)」)
[画像のクリックで拡大表示]
原付(原動機付自転車)の平成28年排出ガス規制。原付一種(50cc以下)と原付二種(51~125cc)があるが、規制値は同じ(出典:国土交通省「新車排出ガス規制の経緯(8)」)
[画像のクリックで拡大表示]