近年のはしご酒ブームで、昭和の雰囲気を感じさせる「横丁」人気が再燃。カジュアルな価格と雰囲気の飲食店が集合した“ネオ横丁”が全国的に数多くオープンしている。そんななか、2017年7月14日、秋葉原駅高架下に「TOKYO UMAI YOKOCHO(東京うまい横丁)」(以下、うま横)が10月31日までの期間限定でオープンした。運営は「肉フェス」などのイベントを手がけるAATJ(東京都港区) で、「日本初の毎月テーマと店舗が変わる横丁」(同社)だという。

 7月のテーマは「餃子」、8月は「肉」で、2 大フードフェスと呼ばれる「餃子フェス」と「肉フェス」がそれぞれプロデュース。「アットホームな雰囲気が魅力の“横丁”は、女性や外国人観光客にも人気。また肉食女子も増加しており、肉フェスや餃子フェスでも約6割は女性客という状況。『うま横』は、ガッツリ食べたい肉食女子と、和気あいあいの雰囲気で飲みたい横丁女子の両者の心を掴むスタイルであり、清潔感のある空間を重視して作り上げているので、女性や、横丁初心者の方にも楽しんでいただけるのでは」(AATJマーケティング本部の福澤佑美氏)。

 テーマが毎月変わる進化系横丁「うま横」とは、いったいどんなところなのか。オープン直前の内覧会に足を運んだ。

「TOKYO UMAI YOKOCHO(東京うまい横丁)」。秋葉原電気街口から、御徒町方面に歩いて約3分。営業時間は12時~22時半。入場は無料。全店、交通系電子マネー利用可
[画像のクリックで拡大表示]
毎月テーマが変わり、そのテーマの人気店がキッチンカーで出店。7月のテーマである「餃子」に出店している8店は、いずれも「餃子フェス」のお墨付き店だという
[画像のクリックで拡大表示]
最も秋葉原寄りにある「札幌マルエス食堂」(札幌市)の「肉の爆弾 肉巻き餃子」(600円※税込み、以下同)。餃子に巻かれている国産豚バラ肉は餃子のあんと一体感のある柔らかさながら、肉を食べた満足感も感じさせる
[画像のクリックで拡大表示]
「WARASHIBE GYOZA」(千代田区)の「わらしべ焼餃子」(500円)は、もっちりした厚めの皮と、タマネギやフライドオニオンの隠し味が効いたほどよい甘みのあんのバランスが絶妙。チーズを使ったフォンデュ風餃子など、女性向けの変わり餃子のメニューが豊富
[画像のクリックで拡大表示]
「新宿駆け込み餃子」(新宿区)の「四川香る!旨辛チリソース水餃子」(600円)。唐辛子の香りと辛みをにんにく風味でまとめた程よい酸味のチリソースが絶品で、ソースだけでもお酒が進みそう
[画像のクリックで拡大表示]