東京随一のおしゃれスポット・中目黒の高架下に全長700メートルの商業エリア――。2016年11月22日、「中目黒高架下」がオープンした。

 東京急行電鉄(以下、東急電鉄)では2008年からの高架橋耐震工事と並行し、東横線・東京メトロ副都心線相互直通運転のためのホーム延伸工事を実施してきた。同時に、その工事によってできる高架下の空間を有効活用する開発も進め、都立大学駅高架下や武蔵小杉駅南口高架下に複数の店舗を出店させている。だが今回オープンの中目黒高架下は、それまでの開発とはスケールが違う。中目黒駅周辺の高架下空間約700メートルにわたって28の路面店(スモールオフィス含む)が線状に出店しているのだ。

 路面店の配置はエリアによって特色をもたせている。例えば、中目黒商店街がある祐天寺方面エリアには商店街とうまく融合する庶民的な店、中目黒のオシャレなイメージをけん引している目黒川沿いには高級感のある店をそろえる、といった具合。「中目黒は独特の個性を持った街なので、街の個性を理解して生かせる店舗であることを重視して誘致した。幸い、出店の希望も非常に多かったため、ベストな形にできたと思う」(東急電鉄 都市創造本部 運営事業部 営業三部 事業推進課 杉本里奈課長補佐)。

 中目黒高架下というネーミングは、耐震補強工事以前も飲食店が立ち並び、高架下文化をけん引していたかつての中目黒の高架下に敬意を込めてつけられたという。開発コンセプトは「シェア」、デザインコンセプトは「ルーフ・シェアリング」。全長約700メートルにわたる高架橋をひとつの屋根に見立て、個性あるさまざまな店舗が空間をシェアする新しい商店街づくりを目指すという。

 28店舗のうち半分の14店舗が新業態で、関東・東京初出店が2店。中目黒にゆかりの深い飲食店も多いという中目黒高架下とは、いったいどんな施設なのか。オープン前日の内覧会で検証した。

中目黒駅周辺の高架下空間約700メートルにわたって28の路面店が出店
[画像のクリックで拡大表示]
「NODOGUROYA KAKIEMON(ノドグロヤ カキエモン)」はグラスで飲み比べができる日本酒サーバーが16種類ある
[画像のクリックで拡大表示]
名古屋の人気店「鶏だしおでん さもん」の関東初出店も話題を呼びそう
[画像のクリックで拡大表示]
山手通り沿いにある蔦屋書店はスターバックスとゆるやかに融合
[画像のクリックで拡大表示]
蔦屋書店は小規模なため、ジャンルを絞ってエリアを分割
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
目黒川沿いには高級感があってスペースにゆとりのあるおしゃれな店が集中している。漬け込んだ肉をスモークして提供するオールデイダイニング「GOOD BARBEQUE(グッド・バーベキュー)のBBQ
[画像のクリックで拡大表示]