協力:ヤマハミュージックジャパン レンタル・リース課

エンタメ・ヒット研究者の品田氏と、50代男性3名による、楽器をテーマにした座談会。かつての楽器経験、好きだった音楽の話題と共に蘇ってきたのは、やはり、甘酸っぱい青春時代の思い出だった……。

品田:楽器は私もかつて経験があるんですが、みなさんはどんな楽器のご経験がありますか。

馬田:私は、幼少期にエレクトーンを習ったのが最初です。その後、小学生になって合唱団に入ったんですが、そこでは楽器を演奏する機会もありまして、小3くらいでドラムに興味を持ち、20歳くらいまでやっていました。その後しばらくブランクがありましたが、最近友人から声がかかって、30年ぶりに再開したところです。

馬田 築氏 51歳。エレクトーン、ドラム、ユーフォニアムの経験あり。最近30年ぶりにドラムを再開

稼農:私はギターです。10歳上の洋楽好きの兄が初めて買ってきたヤマハのFG‐150を、小学生の頃から弾き始めました。指板がえぐれるまで練習しましたね。高校生の頃は、メタル系のハードロックにハマり、家ではエレキギターを。でも人前では、好きな女の子のためにと、流行りのフォークソングを弾いていました(笑)。大人になってからは、路上でパフォーマンスしたり、会社の仲間とバンドを組んだこともあります。今は専ら家で一人で弾いていますが、友人に呼ばれてステージに立つこともあります。

稼農 修氏 57歳。10歳上の兄の影響で、小学生の頃からギターに慣れ親しむ。バンド経験もあり

千代川:お二人ともすごい! 私は、残念ながら楽器の経験はありません。中学・高校くらいの時に、好きなミュージシャンに影響されてピアノに憧れたり、バレエをやっていたのでバイオリンにも憧れましたが、実際に始めるまでには至りませんでした。

千代川 孝氏 50歳。ピアノやバイオリンに憧れた時期はあったが、これまでに経験はなし

品田:馬田さんは、最近まで楽器と疎遠になっていたのはなぜですか。

馬田:大人になって、自分の中での楽器に対する優先順位が下がってしまったんですよね。周りを見回してみても、就職や結婚は、一つのハードルになっていると思います。

40~60代にアンケート! 夢中になった楽器演奏
アンケートに答えた564人のうち、楽器経験者は451人。なんと80%を占め、その6割がギター経験者という結果に。ピアノなどの鍵盤楽器を習っていた人、吹奏楽部など部活動で管楽器を経験した人も5割前後と多かった
[画像のクリックで拡大表示]
演奏していた曲は洋楽やフォークソングが主だが、習い事や部活動で楽器をやっていた人からはショパン、ベートーヴェン、モーツァルトといった作曲家も多く挙がった
[画像のクリックで拡大表示]
学生時代から長らく楽器をやっていない人は53.7%と半数を占めたが、その多くが「時間と場所があればまた再開したい」と答えた 注)すべて18年10月2日~10日、40~60代男女564名が回答。ヤマハミュージックジャパン調べ
[画像のクリックで拡大表示]