家事の時短や省力化につながる商品も登場する
[画像のクリックで拡大表示]

 日経トレンディ12月号で2019年の「ヒット予測100」を特集した。その中から今回は日用品のトレンドを紹介する。共働き世帯の増加を受けて、家事の時短や省力化につながる商品が続々登場する。掃除や洗浄は泡や超音波を使った「こすらない」方式がメインに。文具も、かゆい所に手が届くアイデア品や、機能性グッズが日の目を見る。

【ルックプラス バスタブクレンジング】

ライオンの「ルックプラス バスタブクレンジング」
[画像のクリックで拡大表示]

 19年は風呂場の「ほったらかし洗浄」が主流になる。ライオンが18年9月下旬に発売した「ルックプラス バスタブクレンジング」は、浴槽全体に洗剤を吹きかけて放置し、1分後に流すだけで汚れが落ちるのが特徴。掃除の負荷を大幅に軽減する。

【SONIC SOAK】

重さ113グラムの小型クリーナー。微細な泡がはじける力で汚れを落とす
[画像のクリックで拡大表示]

 世界各国のクラウドファンディング界を賑わせ続けているのが、超音波洗浄機。なかでも有望株が「SONIC SOAK」だ。重さ113グラムの小型クリーナーで、水中に入れると超音波が微細な泡を作り出し、それらがはじける力で汚れを落とすという。衣類から食器、食材にまで使える。

クラウドファンディングサイト「Makuake」では総額約1億1774万円の調達に成功。小売希望価格は2万5000円(税込み)。大手流通への販路拡大にも期待が高まる
[画像のクリックで拡大表示]

【新生LIP38°C】

口紅の上に重ねて色の変化を楽しめるリップトリートメント
[画像のクリックで拡大表示]

 18年内でFLOWFUSHIブランドを閉鎖すると発表した、化粧品業界の革命児・フローフシ。同ブランド最後となる商品が11月発売の、口紅の上に重ねて色の変化を楽しめるリップトリートメントだ。17年に発売した前作に続く大ヒットとなるに違いない。