[画像のクリックで拡大表示]

 ヤマハ発動機は1978年の登場以来、ロングセラーを続けているSR400の新型を2018年11月22日に発売した。17年9月1日から(新型車は16年10月1日から)適用された「二輪車 平成28年排出ガス規制」に適合できなかったため一旦は生産終了を余儀なくされたものの、基本構造を変えることなく規制適合モデルとして復活させた。

 SR400は基本設計が40年以上も前であることに加え、パワーユニットに現在では一般的な水冷エンジンではなく空冷式の単気筒エンジンを搭載する。年を追うごとに厳しさを増す排出ガス規制をクリアするのはかなりの苦労が伴ったことだろう。排ガスをクリーンなものにするには燃焼温度の安定化が肝となるため、SRのような排気量の大きい空冷単気筒エンジンは不利だからだ。

 SRがそれでも空冷エンジンに固執したのは、「変わらないこと」がSRのアイデンティティーだからである。

 排出ガス規制への適合は社会的にはもちろん意義のあることだが、規制適合後のモデルはパワーダウンや値上がりするというのが常である。並のバイクであれば、排出ガス規制が適用されるタイミングでフルモデルチェンジを敢行し、新開発のエンジンや流行を取り入れた新しいスタイリングによって規制適合によるネガティブな部分を補うこともできるが、70年代から変わらぬことを価値として認められているSR400ではそれが許されない。いまだにキックスターターを採用している理由もそれだ。モデル継続はヤマハ発動機にとって難しい判断だったに違いない。

燃料蒸発ガス排出規制に対応するため、エンジン左前に装着されたキャニスター。SRのような空冷エンジンは冷却フィンが設けられた造形美も魅力のひとつ。そういう観点からするとキャニスターの装着は残念なことに違いないが、こればかりは致し方ない
[画像のクリックで拡大表示]

 かくして新型SRは価格が従来モデルの55万800円から2万1600円アップの57万2400円に。最高出力も19kW(26PS)/6500rpmから18kW(24PS)/6500rpmとわずかにダウンした。また燃料蒸発ガスの外気への放出を低減するためのキャニスター(燃料蒸発ガス排出抑止装置)もエンジン左前部分に装着された。エンジンの造形美もSRの魅力のひとつであることを考えると、やむを得ないとはいえ少々残念な変更ではある。

 一方で、従来モデルの劣化版にはしないという開発者の意地も各部から感じられる。試乗した印象を交えてリポートする。

【エンジン】実質的なトルクアップで走りが気持ち良く

[画像のクリックで拡大表示]

 4ストロークの空冷SOHC2バルブエンジンはSR400のアイデンティティーともいえる。当初はさほどルックスを意識して作られたわけではないが、市場から大排気量の空冷単気筒エンジンが失われていくにつれ、冷却フィンで覆われたその独特の造形が目を引くようになった。排ガス規制に対応させるためFI(フューエルインジェクション)セッティングを変更し、ECU(エンジン・コントロール・ユニット)も新たに搭載された。エンジンの特性を決めるボアストローク比は初代モデルから変わらず87.0mm×67.2mmとなる。

 最高出力は低下したものの、最大トルクは従来モデルと同じ2.9kgf・mという値を維持。それどころか発生回転数が従来モデルの5500rpmから3000rpmへと大幅に引き下げられている。実質的なトルクアップだ。