東京の空の玄関口、羽田空港。手土産の購入にも便利な200を超える店舗が並ぶが、何を買えばいいか悩んでしまう人も多いだろう。そこで今回は、ここ半年以内に発売された新製品の中から、羽田空港でしか買えない商品を9点厳選した。いつもの手土産をアップデートしたい人やマンネリを打破したい人、新しいものに目がない人にも、ぜひチェックしてほしい。なかでも、この冬の羽田空港の新製品で目立つ有名店の新作やコラボ商品は、ぜったい外したくない手土産にもおすすめだ。

コーヒー味がアクセントの「変わり種」手土産

「ザ・コーヒーショコラケーキ」(三本コーヒー×羽田空港)

 創業60年の「三本コーヒー」と羽田空港がコラボレーションしたオリジナルのショコラケーキ。生地に粗挽きのコロンビアコーヒーを練り込んだしっとりとしたミルクチョコケーキにチョコチャンクをトッピングした「ミルク&コロンビア」は、マイルドでやさしい甘さが特徴。粗びきのブラジルコーヒーを練り込んだビターチョコケーキにチョコチャンクをトッピングした「ビター&ブラジル」は、苦味が特徴的な大人の味わいが特徴。粗びきコーヒーがアクセントの、大人も子どもも楽しめる、異なる2種類の味の詰め合わせだ。2019年3月31日までの販売。

「ザ・コーヒーショコラケーキ」(三本コーヒー×羽田空港、6個入り税込み1296円、以下、価格は全て税込み)。第1旅客ターミナルの羽田スタースイーツで購入できる
[画像のクリックで拡大表示]

「鼓翼(はばたき)」(三本コーヒー×羽田空港)

 「ザ・コーヒーショコラケーキ」と同様、三本コーヒーと羽田空港がコラボレーションしたオリジナルスイーツ。18年10月に販売を開始した「鼓翼(はばたき)」は、厳選したブラジルブレンド豆を使用したふんわりした生地に、粒あんをたっぷりはさんだどら焼き「鼓かさね」と、ひきたてのコーヒーのような芳(かんば)しい風味を感じられる「翼もなか」の詰め合わせ。それぞれの菓銘から1文字ずつとって「鼓翼」と名付けられたという。コーヒーと和菓子の融合が新しく、幅広い年代への手土産に向く。19年3月31日までの限定販売。

「鼓翼(はばたき)」(三本コーヒー×羽田空港、12個入り2160円)。第1旅客ターミナルの羽田スタースイーツで購入できる
[画像のクリックで拡大表示]