2018年11月9~11日の3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で1000台以上ものスポーツ自転車が一堂に会す日本最大級のスポーツサイクル展示会、「サイクルモードインターナショナル2018」が開催された。

幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「サイクルモードインターナショナル2018」
[画像のクリックで拡大表示]

 国内外の最新モデルが並ぶだけでなく、専用コースで試乗することもできる体験型イベントとして毎年多くのサイクリストが訪れる。また、車両以外にもパーツやアクセサリー、ウェアなどの関連製品も数多く展示されているので、スポーツ自転車をとりまく現在のシーンや今後のトレンドを広く知ることができる。

 今年とくに目立ったのは、やはりe-BIKEのブースである。すでに何度か記事にしているのでご存じの方も多いと思うが、e-BIKEとは電動アシスト付きのスポーツサイクルのこと。

 今年はヤマハ、パナソニック、トレック、メリダなど、国内外のさまざまなメーカー(ブランド)からe-BIKEの新型モデルが登場。専門メディアのみならず、一般メディアでも「e-BIKE元年」としてたびたび取り上げられた。サイクルモード自体は開催規模が縮小傾向にあるが、e-BIKE関連のブースは年々その数を増やしており、今年も昨年に続いて特設コーナーが設けられた。

 完成車を販売するブランドだけではなく、ボッシュやバーファンなど、e-BIKEのドライブユニットを製造するいわゆるBtoB企業もブースを出展するなど、e-BIKEにかける業界の期待の高さがうかがえた。

 今回の記事では、そんなe-BIKEのほか、これから発売されるモデルや参考出品車、あまり知られていないマニアックなパーツを中心に紹介しよう。

試乗パスを取得することで、話題のe-BIKEをはじめ、国内外の最新スポーツ自転車を試乗コースで乗り比べられる
[画像のクリックで拡大表示]
世界トップシェアの自転車パーツメーカー、シマノもe-BIKE用ドライブユニットを前面に押し出してブースを展開していた
[画像のクリックで拡大表示]
近年はサイクリングと観光を組み合わせた「サイクルツーリズム」による地域活性化が大きな潮流となっているため、地方自治体や観光協会のブースも目立った
[画像のクリックで拡大表示]
ビンテージバイクやパーツ、ウェアを販売するコーナーもある。写真はビンテージ市場で人気のカンパニョーロ(イタリア)のデルタブレーキ
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックサイクルテックのブースで参考出品車として展示された一台が気になった。フロントだけではなく、リアにもサスペンションを備えるe-MTB(マウンテンバイクタイプのe-BIKE)である。

 担当者の話では市販を前提にしたものだという。ドライブユニットはすでに販売されている「XM2」と同じものを搭載。160㎜のストローク量をもつ前後サスペンションと27.5×2.8という太めのタイヤを組み合わせることでMTB用ダウンヒルコースのようなハードなシチュエーションにも対応する。

 価格は未定だが、パーツなどの仕様を見ると50万円以上はするだろう。これまで国内で展開されているe-BIKEはスポーツ自転車のエントリー層、あるいは乗ったことのない層を対象にしたものがほとんどだったが、今後はこうしたコアな層をターゲットにした製品も展開されるようだ。

パナソニックサイクルテックのブースで参考出品車として展示された一台。フロントだけではなく、リアにもサスペンションを備えるe-MTB
[画像のクリックで拡大表示]
ドライブユニットはすでに販売されている「XM2」と同じ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]