12月21日、ディズニー映画の新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』が公開される。前作『シュガー・ラッシュ』に引き続きプロデューサーを務めたクラーク・スペンサー氏に製作の背景を聞いた。同氏は11月29日(木)に東京国際フォーラムで開催される「日経クロストレンドEXPO」に登壇(入場無料)。当日は、想像力にあふれた製作の舞台裏や、壮大なストーリーを作り上げるチームマネジメントなどについても語ってもらう。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』 ©2018 Disney. All Rights Reserved.
画像をクリックすると詳細ページに遷移します

アーケードゲームの世界を舞台にした前作から、『シュガー・ラッシュ:オンライン』ではインターネットを舞台にした理由は?

クラーク・スペンサー氏(以下、スペンサー氏): 続編を作るならば、作る必要性があります。それは何なのか。そう考えていくうえで、僕らが思い付いたのが、世界を広げることだったのです。

 もともとのアーケードゲームの世界ではなく、インターネットに行ってラルフがインターネットを破壊するというのはどうか、というのが最初のアイデアでした。それが会話の始まり。

 だけどそこからが大変でした。どんな方向に物語を進めるのか。例えば「東京についての映画を作ろう」と言ったとします。それはどんな東京なのか。小津安二郎監督の描くような東京なのか。宮崎駿監督が描くような東京なのか……。一言に“東京”と言っても、いくつものテーマやストーリーが広がる可能性がある。

 この映画は、二人の友情についてのもので、そこにインターネットがあるという構成にしました。

 ただ単に前作がヒットしたので「続編を作りましょうか」というところから始まったわけではないんです。

 アイデアを語り始め、インターネットという構想が出てきて、ようやく、「その話は語りたいかもしれない」となったんです。

 素晴らしいキャラクターを生み出すことができて、それらのキャラクターと彼らの住む世界を心から愛してしまったら、またそこに戻りたいと思うもの。

 だけど、ただそれだけの理由で次を作ってはいけません。次を語る、確固とした理由がないのなら、やるべきではないのです。

 インターネットはその理由をくれました。その世界が大きいからではなく、僕たちが毎日直面することを語ることができ、さらに友情とその変化というものについても触れるからです。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ 『シュガー・ラッシュ:オンライン』プロデューサーのクラーク・スペンサー氏

現代のSNSの重要性や、使い方を誤ることによる危険性について、伝えたかったことは?

スペンサー氏: 映画には、人気動画サイトのカリスマ運営者“イエス”というキャラクターが登場するのですが、彼女が「コメントは読むな」とアドバイスするんです。

 ネット上で中傷されたり、いじめられたりする子供たちがいるけれど、決して“関わっちゃダメ”なのだと。そういう意地悪な人たちは、放っておくべきで、自分を愛してくれる人、自分が愛する人たちを信じるべきなんだよと伝えます。

 ラルフは、インターネットの世界でそのことも学びます。自分が好きな人を信じ、他の雑音は無視すること。

 親も子も、この映画からそのメッセージを受け取ってくれると思います。

ディズニー・アニメーションを制作する際、ダイバーシティのトレンドなどはどう意識したか?

スペンサー氏: この映画に登場するアプリやウェブサイトなど、アメリカ人にとってのインターネットの話ではなく、世界を意識しました。

 意識的に他の国のウェブサイトなども入れているのです。そうすることで、ここはもっと“世界”に見える。

 インターネットの世界のデザインに関して、特に意識したのは“東京”です。

 東京のカラフルさ、大きさ、混雑ぶり、そして美しさ……東京を大きな参考材料にしているのです。

「プロデューサーが語るディズニー・アニメーション最新作の裏側」
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ のクラーク・スペンサー氏が登壇
1923年に創立され、95年の歴史を誇るディズニー・アニメーション・スタジオ。想像力にあふれた制作の舞台裏や、最高のストーリーを作り上げるチームマネジメントなど、最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』のプロデューサーであるクラーク・スペンサー氏が語る。ウォルトの時代から、最近記憶に新しい『アナと雪の女王』『ズートピア』まで、常にユニークな世界観やストーリー、魅力的なキャラクターで、世界中を魅了する作品を作り続けてきた秘訣とは……。12月に公開される最新作では、誰も見たことのない壮大なインターネットの世界を描いている。
※同時通訳あり
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ 『シュガー・ラッシュ:オンライン』プロデューサーのクラーク・スペンサー氏
ハーバード大学で歴史学の学士号、同大学院にて経営学修士号を修得。1990年、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ入社。20年以上にわたり、幹部として、財務・運営から映画製作まで、さまざまな役割を担う。初めて製作を務めた『リロ&スティッチ』(2002年)は、ウォルト・ディズニー・カンパニーの主力商品の一つとなった。その後も『シュガー・ラッシュ』(12年)、『ズートピア』(16年)などの作品でプロデューサーとして活躍。『シュガー・ラッシュ』『ズートピア』は、アメリカ・プロデューサー組合賞アニメーション映画部門プロデューサー賞に輝く。最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』でもプロデューサーを務める。

日時: 11月29日(木) 12:40~13:20
会場: 東京国際フォーラム(東京・有楽町)
<入場無料。申し込みはこちら>