11月に入り、肌寒い日が増えてきた。そろそろしまい込んでいたコートやダウンジャケットを出そうと考えている人も多いのではないだろうか。ダウンジャケットといえば、昨シーズンに爆発的なブームとなったカナダ発のブランド「カナダグース」が記憶に新しい。胸や腕についた特徴的なワッペンを見かけたことがある人もいれば、実際に購入したという人もいるだろう (関連記事「高級ダウン『カナダグース』都心で大増殖のなぜ」)。

 ほかにも、欧州のブランド「モンクレール」やデサントが手がける「水沢ダウン」など、日本製、海外製を問わず、高価格帯のダウンがここ数年支持を集めている。そんななか、“ポストカナダグース”として注目されているのが、2018年秋冬シーズンに日本に初上陸する「ムースナックルズ」だ。

ムースナックルズの「3Q JACKET(3Q ジャケット)」(14万9000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 ムースナックルズはカナダグース同様、カナダ発祥。2009年にスタートしたブランドで、価格帯は12万~14万円台が中心だ。日本での知名度はまだ低いが、ニューヨークやロンドンなど、冬の寒さが厳しい都市部で人気が高いという。

 日本で同ブランドを独占輸入販売するのは伊藤忠商事。同社はほかにもいくつかのダウンジャケットのブランドを展開しているが、「本物志向のなかにも遊び心があるムースナックルズなら他ブランドと差異化できると考えた」と同社ブランドマーケティング第三部の森本匡史氏は話す。ファッションバイヤーから「カナダグースの次のブランドが欲しい」という声があったことも、日本での展開を決めたきっかけになったという。