ハーゲンダッツジャパンは、ミニカップの新シリーズ「Decorations(デコレーションズ)」を、2016年11月8日に発売する。「チーズベリークッキー」「バナナキャラメルクッキー」の2種類で、アイスクリームの上にサクサクとした食感のクッキーがのっているのが特徴だ。

 これまでのハーゲンダッツとは違い、冷凍庫から出してそのまま食べるのではなく、軟らかくなるまで溶かし、混ぜて食べるアイスクリームだという。

ハーゲンダッツ ミニカップ デコレーションズ。左から「チーズベリークッキー」、「バナナキャラメルクッキー」(85ml入り、希望小売価格272円)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はここ最近、アイスクリームの消費量が落ちる時期に話題性の高い新商品を定期的に投入している。ただ2014年2月に発売した「サクラ」「ローズ」や2014年5月に発売した、トマトやニンジンを使った「スプーンベジ」シリーズなど、これまでは味や香りに特徴を持たせた商品だったのに対し、今回は「見た目も重視した」と、開発を担当したマーケティング本部の竹田果林氏は説明する。

2014年以降に発売され、話題になったハーゲンダッツの新商品の一部
[画像のクリックで拡大表示]

 「ハワイアンパンケーキなど、おいしいうえに見た目が派手で、デコラティブなスイーツがブームになっている。見た目の楽しさと、クッキーのザクザクとした食感、アイスのとろける食感を楽しんでもらいたい」と竹田氏。

 同社が「これまでのハーゲンダッツとはひと味違うアイスクリームスイーツ」と位置づけるデコレーションズ。いったいどんな商品なのか。