2010年前後のペットブーム最盛期に急増したペットたちが、ここ数年で高齢化し、往診や訪問看護など新たなニーズが生まれている (関連記事「ペットの高齢化」で注目 往診、訪問看護の新サービス)。もう一つ、急激に市場が拡大しているのが、火葬を含めたペット葬儀ビジネスだ。ペット火葬業者が増え続ける一方、法整備がまだ整っていない状況を危惧する声もあがっている。

 そんななか、ペットビジネス大手の「イオンペット」が17年8月に、飼い主が安心して葬儀ができるペット霊園を独自の基準で選定、紹介するサイト「メモリアルなび」をオープンした。サービス開始当初の掲載件数は16カ所だったが、18年10月末時点で84カ所まで増えているという。

イオンペットが運営するサイト「メモリアルなび」。北海道・東北7カ所、甲信越・北陸4カ所、関東29カ所、東海6カ所、関西11カ所、中国・四国で12カ所、九州・沖縄15カ所を掲載
[画像のクリックで拡大表示]

 メモリアルなびが注目されているのは、その施設の掲載基準の厳しさだ。全国ペット霊園協会の伊東正和理事によると、ペット霊園は火葬炉を車内に設置している「移動火葬車」を含め全国に約800ほど(18年現在)。だが、同サイトに掲載されているのはわずか84施設。どのような基準で掲載する施設を選んでいるのだろうか。