新型「レクサスES」に世界で初めて搭載された「デジタルアウターミラー」。夜間や雨天でもクリアな映像で後方確認ができるほか、死角も少なくなる……。現役ドライバーでありながら、日本カーオブザイヤー選考委員、日本ボートオブザイヤー選考委員を務める木下隆之氏がサイドミラーのデジタル化のメリットを明らかにします。

 待望の「デジタルアウターミラー」が誕生した。世界初の称号を得たのは、レクサス。新型「レクサスES」の記者発表会場で、華やかなスポットライトを浴びる新型ESのサイドミラーのその位置に、それはあった(関連記事「レクサスES 世界初のデジタルドアミラーを導入」)

[画像のクリックで拡大表示]

 デジタルアウターミラーは、ドアミラーがデジタルモニターに置き換えられたものだ。車体後方に設置されたカメラが写す後方全体の映像をルームミラーに表示する「デジタルインナーミラー」とは、分けて考える必要がある。

   レクサスESの場合、本来ドアミラーがあった位置にデザイン性の高いアームを設置。そこにカメラを内蔵し、そのカメラがとらえた映像を車内の左右の5インチモニターに表示するという構成だ。

ドアミラーに内蔵したカメラの映像を車内の左右の5インチモニターに表示する
[画像のクリックで拡大表示]