グーグルは2018年11月1日、新型スマートフォン「Pixel 3」とその大画面モデル「Pixel 3 XL」を発売した。高性能な本体に、同社の「Google レンズ」や「Android 9 Pie」といった最新機能とOSを搭載しているのが特徴だ。SIMロックフリー版のほか、大手キャリアのNTTドコモとソフトバンクでも販売される。

Androidを開発しているグーグル純正のAndroidスマートフォン「Pixel 3」(右)と「Pixel 3 XL」(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 Pixel 3とPixel 3 XLは、どちらもクアルコムのスマホ向け最新CPUである「Snapdragon 845」、1220万画素のメインカメラ、有機ELディスプレーなどを搭載するハイエンドスマホだ。違いは画面サイズぐらいで、Pixel 3が5.5インチで解像度がフルHD+(2160×1080ピクセル)、Pixel 3 XLが6.3インチのノッチ付きで解像度がQHD+(2960×1440ピクセル)となっている。このほかIP68の防じん防水性能や、日本向けにおサイフケータイ機能も搭載する。付属品は、イヤホンやヘッドホン端子のアダプター、USB PD(出力18W)の充電器など。

背面には指紋認証センサーと、おサイフケータイに使うFeliCa/NFCを搭載。ガラスパネルの下側はすりガラスのような加工が施されている
[画像のクリックで拡大表示]