2017年12月に、文具女子をターゲットにした初の大型イベント「文具女子博」が開催された。来場者数は3日間でおよそ2万5000人。2018年も12月14~16日の3日間、東京流通センターで第2回が開催予定だ。10月に行われたプレイベントでもすでにその熱狂ぶりがうかがえたが(関連記事「限定ピンバッチやレターセット作りに行列 文具女子博予習編」)、そもそも「文具女子博」を主催するのは、書籍や雑誌の取次を行う日本出版販売(以下、日販)。日販が文具女子向けのイベントを開催するに至った経緯と、イベントでの人気商品を聞いた。

日本出版販売 検定事業課の浦田瑠衣さん(写真左)、同じく、商品開発部仕入課の池岡真裕子さん(同右)。2人は文具女子博の事務局を兼任している。浦田さんは入社2年目の新入社員だ
[画像のクリックで拡大表示]

検定から派生した「パンのフェス」が人気に

 日販といえば、本のイメージが強い。書籍や教科書、雑誌などの取次を主力事業とする企業だが、成長領域として近年力を入れているのがイベント事業だという。

 例えば、2016年にスタートし、現在は開催回数を年2回に拡大した「パンのフェス」も日販が主催だ(ぴあ共催)。全国から60以上のパン店が出店し、会場限定のパンも販売されるとあって、毎回10万人以上が集まる。来場者数は年々増加しており、2017年秋が12万人、2018年春は約13万人。かなり混雑するので、パンの販売エリアに優先的に入ることができる優先入場券が発売されるほどだ。

 パンのフェスは、もともとは日販が運営する「パンシェルジュ検定」から派生したイベントだという。同社には検定事業課という部署があり、ねこ検定、きのこ検定、日本城郭検定など、さまざまな検定を取り扱っている。

 「検定を通じてお客様とつながることができたので、イベントの話が持ち上がったのだと思います。出版不況のなか、新しい事業に挑戦していこうという流れは以前からありました」と商品開発部の池岡真裕子さんは言う。