シティータイプ(いわゆるママチャリ)の電動アシスト自転車といえば、実用一辺倒という印象が強いかもしれないが、最近では日常生活だけでなく休日にはサイクリングなどにも使いたくなるような、おしゃれなデザインのモデルが多く発売されている。

 スポーツタイプとはちがい、買い物用として使うことが多いシティータイプの自転車は、バスケット(カゴ)がはじめから付いているか後付けしやすいモデルが多く、荷物を運ぶのに便利だ。

 スポーツタイプのように軽快なスピードで長距離を走るのには向かないが、バスケットに多少重いものを積んでも安定して走ることができる。お弁当やちょっとしたキャンプ道具などを載せて、のんびりとした速さで短距離のサイクリングを楽しむには最適だ。

 今回は、ハンドルの高さを変えやすく、男女で共用しやすいおしゃれな実用派、バスケットの形と種類にこだわったもの、ビーチクルーザーのような遊び心あるデザインのモデルなど、注目のシティータイプ電動アシスト自転車を5台を紹介する。

スポーツタイプの電動アシスト自転車も多くラインアップする「ベスビー」の「CF1 LENA」(写真は海外モデル)など、スタイリッシュなシティータイプの電動アシスト自転車が続々発売されている
[画像のクリックで拡大表示]