レクサスは2018年10月24日、ミッドサイズセダン「ES」を発表し、同日より販売を開始した。価格は、580万~698万円(税込み)。グレードは、2.5Lハイブリッドの「ES300h」のみ。仕様は、標準仕様に加え、上級仕様の「バージョンL」、ES初のスポーティグレード「F SPORT」の3つを用意した。

発表会に登場したレクサスインターナショナル・プレジデントの澤良宏氏(左)と、ESチーフエンジニアの榊原康裕氏(右)。写真の「レクサスES300h」は、デジタルアウターミラーの装着車
[画像のクリックで拡大表示]

 安全運転支援機能「レクサスセーフティシステム +」を全車に標準化するなど、標準仕様でも装備が充実している点は、さすがレクサスだ。

 今回、最大のトピックとなる装備は、量産車で世界初となるドアミラーをデジタル化した「デジタルアウターミラー」だ。

 左右の前ドアに設置したアームにカメラを内蔵し、その映像を車内のモニターに表示する。メリットは、より広い後方視界が確保できることやドアミラーによる死角が軽減されること、雨天や夜間などの視認性が向上することなどが挙げられる。

 現在は、バージョンLのみのオプションで、価格は21万6000円。カメラの映像がミラー代わりになるので、見え方はやはり通常のミラーとは異なる。ユーザーの使い勝手を重視して、ディーラーでは実車を確認してもらったうえで装着を決めてもらうという。

デジタルアウターミラーは、カメラを内蔵したアームを前ドアに設置して映像を車内モニターに表示する。非装着車は通常のドアミラーを装着する
[画像のクリックで拡大表示]
デジタルアウターミラーの映像は、左右のAピラー部に装着されたモニターに映し出される。ドアミラーよりも視線の移動が少なく、後方が確認できるのもメリット
[画像のクリックで拡大表示]