レクサスがマリン事業に参入するという。65フィートもの超豪華クルーザーを米国で発表した。米国のセレブがメインターゲットとみられるが、レクサス(=トヨタ)の狙いはどこにあるのか?現役ドライバーでありながら、日本カーオブザイヤー選考委員、日本ボートオブザイヤー選考委員を務める木下隆之氏がレクサスのマリン事業参入の背景を明らかにします。

 レクサスは、実は密かに、65フィートの最高級クルーザーを開発していたのです。まだモックアップモデルと映像でしか確認できませんが、超豪華なクルーザーを建造中です。価格は、おそらく5億から7億円というのが僕が予想です。そう、IT長者や有名人などセレブの琴線に響くような存在感抜群の超豪華クルーザーというわけです。

 このニュースを知ったのは2018年9月8日、全米のとあるイベントに参加するために、米国南部テキサス州ダラスにいたときです。そこへ「豪華クルーザー開発中」というサプライズな発表が飛び込んだのです。その名は「LY650」。会場は一気にザワつきました。

レクサスが開発した超豪華クルーザー「LY650」
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 レクサスは、確かに2年前に「スポーツヨットコンセプト」を発表しています。マイアミでのボートショー会場で、実際にクルージーング可能なモデルが登場し、僕も操船して40ノットという高速クルーズを体験しました。

 しかし、わずか2年しかたっていないのに、さらに豪華なクルーザーを発表するとは思いませんでした。腰が抜けかけました。

[画像のクリックで拡大表示]

 発表の瞬間に会場がざわめいたのは、皆も同様の気持ちだった証しでしょう。それは、レクサスが本格的にマリーンへ参画することの歓迎のざわめきだったとも思います。

 そもそも、そんなセレブな生活を好む人が日本にどれほどいるのか? おそらく100人もいないのではないでしょうか。となるとねらいは米国です。マイアミの別荘で暮らすセレブがターゲットでしょう。

 日本での活躍の機会は、例えば2020年の東京五輪でのエスコートクルーザーとしての役割が期待できます。羽田空港に降り立つ要人を、クルーザーで開催スタジアムまで送り届けるのは理想的ですし、セレブとの船上ミーティングでの活用も考えられます。

 奇しくもトヨタは東京五輪のオフィシャルスポンサーです。レクサスのねらいが透けて見えるのです。

 レクサスは、ただ単にクルマを販売するだけでなく、レクサスのある豊かな生活を提案するのも使命だと捉えています。ですので、クルマで移動してクルーザーで過ごすというスタイルは、ひとつのレクサスの考え方の具現だと思われます。それを世界に発信するには、東京五輪は都合がいいというわけです。

 そんな推理を見抜いているのか、2019年秋に正式なお披露目があるといいます。思わず手を打ちました。