注目度の高いロードバイクを5台選んだ

 スポーツサイクル業界では、夏から秋にかけて来期モデルが続々と発表される。そこで今回は、すでに発表が行われたブランドから注目度の高いモデルを選んだ。まずは上編としてロードバイクから紹介していこう。

ロードバイクの新潮流

 ここ数年、ロードバイクを取り巻くトレンドは大きく2つある。ひとつ目はディスクブレーキの採用。ロードバイクでは長らくリムブレーキ(リムと呼ばれる車輪の縁をゴム部品で挟み込むことで減速、停止する方式)が主流となっていたが、5年ほど前からマウンテンバイクと同様、ディスクブレーキを採用するモデルが登場し、いまではエキスパート向けのハイエンドモデルからエントリー向けのモデルに至るまで幅広く普及が進んでいる。

 ディスクブレーキはリムブレーキに比べて繊細なコントロールがしやすく、雨天時でも安定した制動力を発揮できるのが大きなメリットである。さらに油圧式のものは少ない握力でも充分な制動力を発揮できるため、手に負担のかかる長い下り坂でもラクに走ることができる。

 2つ目は「グラベルバイク」という新しいカテゴリーの成立である。グラベルバイクはその名の通りグラベル(砂利道)も走れるよう設計されたロードバイクのこと。100キロを超えるような長距離走行にも対応するため、ドロップハンドルを採用するのはロードバイクと同じだが、上半身が直立気味のアップライトなポジションや太めのタイヤ、ディスクブレーキ、低中速重視のギア比、キャリアを取り付けるための台座を装備することで汎用性を向上させているのが大きな違いだ。分かりやすくいえば、ロードバイクに少しだけマウンテンバイクのエッセンスを加えたような自転車である。

 登場当初はマニアックな存在だったが、これ⼀台で通勤からトレーニング、山道を含むツーリングまで様々な用途に対応できることから少しずつ⼈気が広がり、現在では各社が新型車を投入するひとつのカテゴリーとして定着した。

 これらのトレンドを踏まえつつ、2019年注目のロードバイク5台をピックアップしてみた。

パワーメーターを標準装備、⼀番の注目モデル

ジャイアント「TCR アドバンスド 1 SE」
価格:28万円(税別、以下同)
フレーム:フルカーボン
フォーク:カーボン(コラム部はアルミ)
ドライブトレーン(*注):シマノ・アルテグラ 2×11速
タイヤサイズ:700×25C
フレームサイズ:42.5、44.5、47、50センチ
カラー:カーボン
車体重量:7.8キロ(44.5センチサイズ)


 30万円を切る価格ながら、ハイエンドモデル譲りの軽量かつ高剛性なカーボンフレームにレースグレードのコンポーネント(変速機やクランク、ブレーキといった主要部品の総称)、シマノ・アルテグラを組み合わせ、そしてなんと新たに自社開発したパワーメーター「POWER PRO」を標準装備する19年屈指の注目モデル。

 パワーメーターとは、ライダーの出力(こぐ力)を計測して、サイクルコンピューターに表示・記録できる機器である。脚力を数値化することでより高効率なトレーニングが可能になるため、上級ライダーを中心にユーザーが増えてきている。

 ⼀般的にパワーメーターは単品でも10万円以上する高価なパーツだが、このモデルはより多くのサイクリストにパワーメーターを普及させるべく、ほぼ同スペックの「TCRアドバンスド 1 KOM」からわずか2万5000円高という驚くべき価格設定となっている。

*注:走行性能に影響力の大きい変速機(ディレーラー)やクランク、チェーンなどの駆動系部品を総称したもの。