運動不足になりがちな忙しいビジネスパーソンこそ、自転車通勤を検討したい。通勤時間を有効に使って運動や気分転換ができ、生活習慣病の予防も期待できる。夏は会社に着くまでに汗だくになってしまうと敬遠していた人も、暑さが収まる秋は自転車通勤を始めるのに最適だ。通勤距離別のコーディネートを前後編に分けて紹介する。

 前回の『カイテキ自転車通勤術 長距離はスーツをシワなく運べるバッグで』 では、自宅から会社までが10km以上(自転車走行時間が30分以上)の長距離通勤の人に向けたアイテムを紹介した。今回は、長距離だが着替える場所がない人、短~中距離通勤の人に向けたコーディネートだ。

 自転車通勤で会社に到着した後に気になるのが、汗のべたつきだ。日差しの強くない秋から春でも、ペダルをこぎ続けているとウエアの中に汗をかいてしまう。

 しかし、会社到着後に着替える場所が確保できない人は、そのままデスクに座って仕事を始めなければならないことも……。そんな人には、自転車ライド時の快適性を考慮して作られたビジネススーツをおすすめしたい。

 通気性が高いため、無理のないペースで走れるルートを選択すれば、自転車走行時間が30分未満の短距離通勤や長距離であっても、到着後にウエットティッシュで体を拭いたりすれば汗も気にならない。

 さらに出張などでは、駅前のシェアバイクも気軽に活用しやすくなり、仕事の効率化にもつながるだろう。

 今回は、自転車用ビジネススーツに加え、ビジネススーツスタイルに合う自転車ヘルメットやシューズ、そのままビジネスで使えるバッグ、レインウエアを紹介する(価格はすべて税抜き)。

写真はイメージ。実際の自転車通勤時にはライト、ベルの装着が必要
[画像のクリックで拡大表示]