だんだんと寒くなり、鍋が恋しい季節がやってきた。鍋つゆシェアトップのミツカンによると、2017年度の鍋つゆ市場は前年比約108%と大きく伸長。和風調味料市場でも、鍋つゆ市場は最も成長しているという。なかでも大きく伸びているのが、個包装タイプの鍋つゆだ(関連記事「『個食鍋つゆ』急成長の理由は? サプリ鍋も人気」)。 ミツカンの場合、2017年度の売上前年度比はストレートつゆが118%なのに対し、個包装鍋つゆの「こなべっち」は143%まで伸びている。「個包装鍋つゆのシェアがまだ小さく、伸びる余地があった」(ミツカン)とはいえ、個包装鍋つゆの人気が高まっているのは間違いない。

 個包装タイプの鍋つゆに先鞭をつけたのは、2012年8月にキューブ状の鍋用調味料「鍋キューブ」を発売した味の素だ。ストレートタイプを購入する人の多くが、「価格が高い」「人数によって余ったり足りなかったりして不便」「重い」といった不満を感じていることから、鍋つゆの風味を1個1人前相当のキューブに凝縮した。作る量を簡単に調節できることや、1パウチ(キューブ8個入り、8人分)で100g以下の軽さであることなどが受け、発売から約2年間で1億キューブを出荷する大ヒット商品となった。

発売当時は3品だった「鍋キューブ」だが、現在は新発売の1品を含め8品をラインアップ。上段左から「鍋キューブ<鶏だし・うま塩>」「鍋キューブ<濃厚白湯>」「鍋キューブ<コクとうま味の野菜だし鍋>」「鍋キューブ<寄せ鍋しょうゆ>」、下段左から「鍋キューブ<ピリ辛キムチ>」「鍋キューブ<とんこつ味噌>」「鍋キューブ<まろやか豆乳鍋>」、2018年新発売の「鍋キューブ<鯛とホタテの極みだし鍋>」(各8個入りで379円、編集部調べ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2013年8月には、エバラ食品工業がポーション容器に濃縮した鍋つゆを入れた「プチッと鍋」3品を発売。「1プチッと1人前」のキャッチフレーズで発売されるや、発売初年度に出荷ベースで約9億円を売り上げた。2017年度にはポーション調味料全体として約33億円(出荷ベース)に成長。「プチッと鍋」は2018年8月に新アイテム「担々ごま鍋」を追加し、全10品にラインアップを拡大している。

「プチッと鍋」シリーズの2018年のラインアップは、新商品1品を含めた10品。上段左から「プチッと鍋 寄せ鍋」「プチッと鍋 キムチ鍋」「プチッと鍋 ちゃんこ鍋」「プチッと鍋 とんこつしょうゆ鍋」「プチッと鍋 とんこつ塩鍋」「プチッと鍋 濃厚白湯鍋」(濃厚白湯鍋のみ22g、そのほかは23g 。6個入り)、下段左から「プチッと鍋 スンドゥブチゲ」「プチッと鍋 濃厚みそ鍋」「プチッと鍋 豆乳ごま鍋」、2018年の新商品「プチッと鍋 担々ごま鍋」(各40g、4個入り)。希望小売価格は各280円
[画像のクリックで拡大表示]

 ミツカンは、2016年8月に個包装タイプ鍋つゆ「こなべっち」シリーズ4品を発売。発売から3カ月でシリーズ累計700万食を突破し、2017年度は前年比43.3%増とさらに売り上げを伸ばしている。

上段左から「こなべっち 寄せ鍋つゆ」「こなべっち ごま豆乳鍋つゆ」「こなべっち 地鶏塩ちゃんこ鍋つゆ」、下段左から「こなべっち 焼あごだし鍋つゆ」「こなべっち キムチ鍋つゆ」、2018年の新商品「こなべっち 鶏だし生姜鍋つゆ」(各4袋入り、350円)
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレート鍋つゆのイメージが強いキッコーマン食品も、2016年に個包装鍋つゆ「キッコーマン Plus(プラス)鍋」シリーズ3品を発売。現在、「キッコーマン Plus鍋 国産野菜だしの豆乳鍋スープ」など3品を展開している。

左から「キッコーマン Plus鍋 国産野菜だしの豆乳鍋スープ」「キッコーマン Plus鍋 鶏白湯(パイタン)鍋つゆ ほんのり生姜」「キッコーマン Plus鍋 スンドゥブチゲスープ」(4袋入り、希望小売価格300円)
[画像のクリックで拡大表示]