[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneより軽いドライヤー、潰さずにパンが切れる包丁、指紋認証式の南京錠……。少し割高だが、量産品にはない個性が魅力。クラウドファンディングは便利な超ニッチ商品の宝庫だ。その中から日経トレンディ編集部が選んだ8製品を紹介する。

◇  ◇  ◇

 バッグに入れるのはかさばって嫌だが、宿泊先のドライヤーは風量不足でなかなか髪が乾かない。そんな出張族のジレンマは、「SLYPH」(イーグルツリー、カルペディエム)が解決する。何とiPhoneより軽い約150g。最大風速19m/秒は短髪さえなびくほどで、気になる風量も申し分ない。

 風温調節は4段階。髪の湿度を検知し、自動で温度を下げるモードも備える。ハンドバッグにも入る軽さだが、コードが少しかさばった。

SLYPH(イーグルツリー、カルペディエム)実勢価格2万3760円(税込み)~
[画像のクリックで拡大表示]
より早く髪を乾かしたいときに使える、マグネット式の専用ノズルも付属
[画像のクリックで拡大表示]

 運転中にナビを確認したら、前方不注意で間一髪──。そんな経験のあるドライバーには、ダッシュボードに取り付けるカーグッズ「Hudly Wireless」(Hudly)が福音をもたらす。スマホと接続し、カーナビアプリなどの画面を投映する仕組み。最大の特徴が透明のディスプレイで、背景が透けて見えるため、前方から目線を切らなくて済む。台座部分が360度傾くため、ボンネットの形を選ばない。

Hudly Wireless(Hudly)実勢価格3万2890円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]
取り付け型の「透けるカーナビ」になる
[画像のクリックで拡大表示]

 「ステリシュー・プラス」(ビッグブルー)は、特殊な光で靴内を除菌する「洗濯家電」。15分、靴に差しておくだけの手軽さが魅力。手間も時間も省けるため、共働き家庭など、多忙なビジネスパーソンは特に重宝しそうだ。スニーカーなど一般的な形であれば20cm以上に広く対応し、家族で兼用しやすい。海外ではすでに10万台以上を販売。

「ステリシュー・プラス」(ビッグブルー)実勢価格2万9160円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]
特殊な光を使って靴の中を除菌。15分間差しておくだけでよい手軽さが魅力だ
[画像のクリックで拡大表示]

 日用品では、料理好き必見の2つの包丁に注目。波刃が特徴の「曜 bianco パン切り包丁 230mm」(ヤクセル)は、柔らかい表面にも鋭い刃がスムーズに入り、パンを潰すことなく切れる。

 実際にフランスパンを切ってみたが、難なく切れ、パンくずもあまり出なかった。切れ味が良いため、野菜などが入ったサンドイッチもきれいに具ごとで切れた。

「曜 bianco パン切り包丁 230mm」(ヤクセル) 実勢価格1万1250円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]
「うねり刃」でパンが驚くほど切れる
[画像のクリックで拡大表示]