「100年に一度」といわれる規模で進む東京・渋谷駅周辺の再開発。その目玉のひとつとなっているのが、渋谷駅の南側エリアだ。2013年の東急東横線渋谷駅の地下化に伴って廃止された地上ホーム部分の再開発がついに完了。首都高速3号渋谷線と国道246号によって分断されていてこれまで人通りが少なかったエリアに、大規模複合施設「渋谷ストリーム」が、2018年9月13日に開業した。

2018年9月13日にオープンした「渋谷ストリーム」(東京都渋谷区渋谷3-21-3)。延床面積は約11万6000平方メートル。地上35階、地下4階建て
[画像のクリックで拡大表示]

 同施設は地上35階、地下4階建て。1階から3階は商業ゾーンで、日本初上陸の店や同施設に合わせて作られた新業態、都内や渋谷エリア初出店の店など、29の飲食店や食のショップが入る。4〜6階は約700人が収容できるホール(スタンディング時)で、コンサートを中心としたライブ上演を行う予定。4階と9~13階は客室総数177の「渋谷ストリームエクセルホテル東急」が入る。14〜35階はオフィスフロアで、全区画にグーグルの本社機能入居が決定している。

 施設には東横線渋谷駅を思い起こさせる仕掛けも随所にほどこされている。渋谷駅と東口歩道橋、渋谷ストリームの2階をつなぐ「国道246号横断デッキ」には、東横線渋谷駅のアイコンでもあった「かまぼこ屋根」を再現。また、同じく2階から代官山方面に向かう通路には鉄道のレールを敷いている。

国道246号横断デッキは、旧東横線渋谷駅の高架橋を利用。駅利用者に長く愛され続けた「かまぼこ屋根」を再現したデザイン
[画像のクリックで拡大表示]
2階の商業ゾーンの床には鉄道のレールが埋め込まれている
[画像のクリックで拡大表示]