台風が続々上陸。また先日は北海道で「北海道胆振(いぶり)東部地震」があり、甚大な被害に見舞われた。ニュースを見ると「いざというときのために備えなければ」と思うのだが、雨風が過ぎ去るのと一緒にその気持ちもすぐに忘れてしまう人が多いのではないだろうか。そんなアナタには、防災対策として、普段から使えて、災害時に役立つ「モノ」を自宅や職場に置いておくことをお勧めしたい。身近なモノの代表として、普段使いの利便性もありながら防災グッズにもなる、一石二鳥の文具を2回に分けて紹介しよう。

ゼブラ「マッキー」はいざというときに頼りになる

 油性マーカーの代名詞ともいえる、ゼブラの「マッキー」。自宅や職場に1本は置いてあるのではないだろうか。使用シーンに合わせたさまざまな商品が発売され、現在マッキーシリーズは全部で18種類ある。そして日常使いだけではなく、いざというときに活躍しそうなものが結構あるのだ。

■新作マッキーは「書く」と「開ける」が一体化
■特殊なインクで木材やコンクリートにも書ける
■避難所でのストレス軽減に役立つマッキー