バルミューダは2018年9月6日、子供向けのデスクライト「BALMUDA The Light」を発表した。使用者自身の影で手元が見えづらくなることを防ぐ独自の構造や、3個の太陽光LEDにより自然な色で照らせることなどが特徴。10月下旬発売で、価格は3万7000円。

バルミューダの子供向けのデスクライト「BALMUDA The Light」。本体色は白と黒の2種類
[画像のクリックで拡大表示]

 手術灯のメーカーである山田医療照明と共同開発したもので、3個のLEDを上向きに配置し、シェードの内側に並べたミラーに反射させることで光を拡散させ、使用者の手元に影を作らずに照らせる仕組み。アームとシェードはそれぞれ前後に可動して照らす範囲を調整できる。

シェード内部に3個のLEDを上向きに配置。それをミラーで反射して拡散させている
[画像のクリックで拡大表示]
利き手の反対側の斜め前方に置くと、手元に影を作ることなく照らせる
[画像のクリックで拡大表示]

 また一般的な白色LEDではなく、自然光に近い太陽光LEDを使用している。太陽光LEDは美術館の照明や手術灯などに使われているもので、自然な色で照らせるのが特徴。また白色LEDよりブルーライトを低減でき、使用者の目の負担が少ないとしている。

 重量は3.2㎏と重く、転倒しにくくなっている。台座部分はペン立てを兼ねているほか、台座やシェードなどに自由に貼れるステッカーが付属する。電源はACアダプターで消費電力は全灯時で14W、光源寿命は4万時間となっている。LEDの明るさは6段階で調整可能で、調整用のダイヤルを回すとピアノの音が鳴る仕掛けがある。

ペン立てを兼ねる台座に好きなものを入れたり、ステッカーを貼ることで、子供が自分だけのデスクライトを作れる
[画像のクリックで拡大表示]

 実際に使用してみると、利き手の反対側の斜め前方に置くと手元に影を作ることなく明るく照らすことができた。紙に書きやすいし本も読みやすい。自分の影が視線の先にチラチラすることがあまりないので、使っていてストレスの少ないデスクライトといった印象だ。自然光に近いため色も自然で、特に赤色が本来の鮮やかさに感じられる。SNSに投稿するお弁当や小物などの撮影に向いた、撮影用の照明器具としても便利そうだ。子供だけでなく、大人にも魅力のあるデスクライトだろう。

(文/湯浅英夫)

関連リンク