サントリー食品インターナショナルは、2018年9月10日から同社の特定保健用食品(トクホ飲料)「伊右衛門 特茶(以下、特茶)」を対象にしたキャンペーン「特茶プログラム」を開始した。期間中に特茶を購入したユーザーに、健康をサポートするアプリ「特茶スマートアプリ」などを提供する。

 アプリでは体重や歩数、睡眠や食事内容など、健康維持に役立つ個人情報が管理できる。さらに人工知能による生活習慣の分析や、ユーザーの悩みに合わせたフィットネスやレシピなどの情報の提供、特茶のCMに出演するタレントからの応援メッセージなどのコンテンツも用意されている。ターゲットは男性ビジネスパーソンで、特茶を購入した先着100万人に提供される予定だ。

「特茶スマートアプリ」(写真左)では特茶購入時に使えるクーポンなども提供予定で、2018年9月10日から2019年3月31日まで利用できる。キャンペーンの対象となるのは「伊右衛門 特茶」(写真右)、「特茶 カフェインゼロ」「特茶 ジャスミン」の各500mlペットボトルのみ。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はこれまでもオフィス向けの施策として、スマートフォンアプリと自販機を連動させてポイントがたまるとトクホ飲料をプレゼントするサービス「GREEN+(グリーンプラス)」を行ってきた (関連記事「サントリーの『弁当を売る自販機』シェア拡大へランチ難民開拓 」)。だが、全国の100万人を対象にしたキャンペーンは、同社において過去にも類を見ないほど大規模なものだという。