世界各国の自転車ショーやメーカーに足を運び、最新トレンドに精通する東京・錦糸町のスポーツ自転車専門店「フォーチュンバイク」の錦織大祐オーナー店長が、世界最大級の自転車ショー「ユーロバイク」の会場で見つけた3つの注目トレンドを紹介する。

 ユーロバイクは毎年、世界各国から1400社以上のメーカーが出展し、3万人を超す来場者が集う。今年も7月に開催され、スポーツタイプから街乗り、シェアサイクルなどの電動アシスト自転車や関連アイテムに加え、レース用のロードバイク、MTB(オフロード自転車)、トライアスロンバイクや安全性を向上させるグッズまで、さまざまな最先端アイテムが展示された。

業界関係者向けのビジネスデーを中心に3日間(2018年7月8~10日)開催された「ユーロバイク」。最新トレンドや、市場情報を知ることのできる「ユーロバイク・アカデミー」と名付けられた講習会も多く実施された
[画像のクリックで拡大表示]