ここ最近、若い女性を中心にタピオカを使ったドリンクが人気を集めている。タピオカは1990年代に一時的にブームとなったが、数年前から日本での人気が再燃。タピオカブームを生み出したと言われる台湾から有名ブランドの進出が相次いでいる。だが、第一次ブームから20年近くなった今、なぜ再び盛り上がりを見せているのだろうか。

台湾スイーツの1つとして注目

 現在のタピオカドリンクブームの主役はアイスミルクティーにタピオカを入れた「タピオカミルクティー」だ。台湾で古くから茶藝館(台湾の伝統的なスタイルの中国茶カフェ)を経営している劉漢介氏が立ち上げたカフェ「春水堂(チュンスイタン)」が考案したと言われている。その春水堂の海外1号店が、2013年7月にオープンした「春水堂 代官山店」(関連記事 「“発祥の店”上陸で『タピオカミルクティー』人気再燃! でも実は中国茶の店だった!? 」)。 同店のオープンが日本での再ブームのきっかけとなった。

再ブームの火付け役でタピオカミルクティー発祥の店と言われる春水堂の「タピオカミルクティー」(税別500円)
[画像のクリックで拡大表示]

 春水堂を運営するオアシスティーラウンジの木川瑞季氏は、今回のタピオカミルクティーのブームについて2つの理由を挙げる。

 まず、ここ10年弱で台湾旅行や台湾の食に対する人気が急激に高まっていること。海外旅行先に関する人気ランキング(日本旅行業協会、2015年)では長年にわたり首位を独占していたハワイを抜いて台湾がトップに立っている。また、2014年、15年には台湾を代表するスイーツ店の日本1号店が次々にオープンし、話題を呼んだ(関連記事 「この夏は“進化系かき氷”ラッシュ! 泡、味チェンジ、ドロドロ系…」「表参道“日本初上陸”の仕掛け人、次に狙うのは? トランジットジェネラルオフィス 中村貞裕氏」

 2つ目の理由は健康に対する意識の高まりだ。「『茶は健康にいい』というイメージがあるため、健康意識の高い女性などを中心に茶を専門に扱う店に足を運ぶようになっている。もともと日本人は茶が好きだが、春水堂が日本に進出する以前は本格的な入れ方で茶を提供する店がほとんどなかった」(木川氏)。つまり、タピオカそのものより中国茶などの茶専門店が注目をされるようになり、その結果として主力商品であるタピオカミルクティーの人気が高まっているのだという。

 また、テイクアウト率が高いのもタピオカミルクティーの特徴。春水堂の売上の4割はテイクアウトだという。2018年7月20日にはテイクアウト中心の新ブランド 「TP TEA」をニュウマン新宿にオープンしている。

春水堂は新宿、六本木、横浜など日本で12店舗を展開。写真は1号店の代官山店
[画像のクリックで拡大表示]
春水堂のタピオカミルクティーは茶とミルク、甘さのバランスが非常によく、上品な味わい
[画像のクリックで拡大表示]
春水堂のテイクアウト中心の新ブランド「TP TEA」。日本1号店は2018年7月20日にニュウマン新宿のエキナカにオープン。台湾では春水堂が40店舗、TP TEAは250店舗ほどあるという
[画像のクリックで拡大表示]