「ハイパージャパン」を象徴するコスプレイヤーのコンテスト
[画像のクリックで拡大表示]

 英国最大の日本文化イベント「ハイパージャパン」が、7月13日から15日の3日間にわたり、ロンドンのオリンピアで開催された。その様子をリポートする。

 2010年にスタートしたハイパージャパンは、日本の漫画やアニメ、音楽、ファッション、食、伝統文化、ゲーム、テクノロジーなど、さまざまな面から日本の「今」を紹介するイベントで、通算15回目を迎える。

 今回の会場は、ロンドン西部にある展示会場のオリンピア。1885年に建造されたもので、ガラスと鉄骨、丸いドームが特徴の建物だ。ここ数年、ハイパージャパンはロンドン東部のタバコ・ドックで開催されており、場所をがらりと東から西に移しての開催となった。

ロンドン西部にある展示会場のオリンピアで開催された「ハイパージャパン」
[画像のクリックで拡大表示]

 元倉庫だったタバコ・ドックは迷路のようで、お目当ての場所が分からずに迷うこともあったが、オリンピアは展示会場だけあって、広いオープンスペースがジャンルごとに仕切られ、分かりやすいレイアウトだ。吹き抜けになっていて開放感もあり、座れるスペースがたくさん用意されているのもよい。

 会場内の2階は、ライブやパフォーマンスが行われるHYPER Live、日本料理のデモンストレーションや各種セミナーが行われる HYPER Theatre、ラーメンから和牛、今川焼や抹茶スイーツなどの日本食が楽しめる EAT JAPAN Food Court、いろいろな種類の日本酒を比較しながら飲むことのできるSake Experienceなどに分かれる。日本に関連したさまざまなグッズを販売する HYPER JAPAN Marketでは、過去最多の213店舗が出展したという。

 1階にはゲーム&アニメのエリアがあり、ニンテンドースイッチなど最新ゲームを試すことができるとあって、いつも大勢の人たちでにぎわっていた。また、隣のバンダイナムコエンターテインメントのブースでは、2019年に発売予定の、少年ジャンプの人気キャラクターが集結するゲームソフト「Jump Force」を体験できるコーナーもあり、若者たちの人気を集めていた。ほかにも、ファッション& kawaiiショップやメイドカフェ、日本の観光案内ブースなども充実していた。

少年ジャンプの人気キャラクターが集結するゲームソフト「Jump Force」(2019年発売予定)を体験できるコーナー
[画像のクリックで拡大表示]
2018年4月発売「ニンテンドーラボ ロボットキット」を体験できるコーナー
[画像のクリックで拡大表示]
HYPER J-Style Collection Fashion Show の出場者
[画像のクリックで拡大表示]
HYPER J-Style Collection Fashion Show に登場したゴス・カップル
[画像のクリックで拡大表示]

 また、変わったところでは、首や肩をもみほぐすマッサージ機器のお試しコーナーが新登場。英国ではこのような健康器具はまだ珍しいこともあって試す人が後を絶たず、実際に買い求めていた人も多かったようだ。