プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年7月17日、ラグジュアリーブランド「DSオートモビル」初のSUV「DS 7 クロスバック」を発売した。価格は、469万~562万円。

DSオートモビルのフラッグシップとなる「DS 7 クロスバック」。価格は、469万~562万円
[画像のクリックで拡大表示]

 DSオートモビルは、シトロエンの高級ブランドが独立したブランド。高級車に特化したブランドだが比較的コンパクトなモデルが中心となるため、日本との親和性は高い。価格も見た目から想像するよりもリーズナブルといえる。目新しさを求めるユーザーを刺激するデザインや先進的な機能も充実しており、商品力は高い。

 DSオートモビルの現在のラインアップは、シトロエン時代から引き継がれた3ドアハッチバック「DS 3」を始め、ミッドサイズの5ドアハッチバック「DS 5」まで5車種を用意している。新たに加わる「DS 7 クロスバック」は、独立後初の新型車であり、最も大きなサイズのモデルでもある。

 エクステリア(外装)は、「フレンチラグジュアリーを五感で体現するデザイン」とうたうだけあり、かなりモダンでインパクトがある。簡単に言ってしまえば、インスタ映えするクルマだ。

 SUVとしては街乗り向けで、SUV形状の高級車という感覚だ。押し出しの強いフロントマスクは、大型グリルを挟むように宝石のように輝くLEDヘッドライトが備わる。リアテールランプもLEDだが、こちらはダイア型メッシュの立体的なデザインが施され、キラキラとした華やかさを放つ。ボディーサイズは、全長4590×全幅1895×全高1635mmで、トヨタハリアーやマツダCX-5、BMW X1などど同様のサイズ感で日本でも扱いやすいサイズといえる。

ダイア型メッシュの立体的なデザインが施されたリアテールランプ
[画像のクリックで拡大表示]