「和紙から生まれた靴」が登場し、関心を集めている。2018年2月、織物の工場が初めて直接消費者に販売する商品として「和紙布(わしふ)スリッポン」をクラウドファンディングで立ち上げたところ、目標額の100万円を24時間内に突破。2カ月間で360万円(約300足分の注文)を集めた。現在はオンラインショップで販売を展開している。“和紙布”を使った靴とは、一体どういうものなのか? ウケる理由を探ってみた。

1891年の創業より富山県で織物業を営む細川機業が立ち上げたファクトリーブランド「オリガミクス」の第1弾商品「和紙布(わしふ)スリッポン」。シューズ向けの和紙布を使い、「はだしでもさらっと履ける」をうたう。水洗いもOK(画像提供:細川機業)
[画像のクリックで拡大表示]
和紙布スリッポンは男女両用、5色展開。現在、サイズは22.5㎝から27.5㎝まで1㎝刻みでそろえる。2018年7月中に25.0㎝も加わる予定。価格は1万2000円(税込み)(画像提供:細川機業)
[画像のクリックで拡大表示]