写真を撮りたいと伝えると、無言で瞬時にお決まりのポーズをとる中学生のコスプレーヤーたち
[画像のクリックで拡大表示]
コスプレーヤーにとって、ジャパンエキスポは年に一度の待ちに待った祭りだ
[画像のクリックで拡大表示]
宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」のカオナシに扮した父と娘。自分たちのお披露目の場らしく、ゆっくりと会場を練り歩いていた
[画像のクリックで拡大表示]

 日本のコンテンツや文化を紹介する欧州最大級の祭典「ジャパンエキスポ」が、2018年7月5日から8日まで、フランス・パリ郊外のヴィルパント会場で開かれた。 広報担当者によると、19回を迎えた今年の入場者数は約25万人に上る見込み(2018年7月8日現在)という。広さ14万平方メートルに出展ブースは約800 。7000席のコンサート会場をはじめ、トークショー、ショーケース、デモンストレーションなどの公式ステージは13。そして80の会議やセミナーに120のサイン会が行われるなど、一層大きな祭典となった。

会期中は夏真っ盛り。今年はようやく会場に冷房が入り、厚着のコスプレーヤーたちも汗をかかずにいられた
[画像のクリックで拡大表示]

 会場にはフランスのみならず欧州各国の人々が訪れ、「カワイイ」「オハヨウ」「アリガトウ」などの日本語が混じり合い、活気あふれるつかのまの日本ワールドができていた。

 日本の漫画、アニメ、ビデオゲームのファンが主にやってくるジャパンエキスポは、ビジターにとっては日本を知る第一歩だ。ここに来ると漫画やアニメだけではなく、武道や工芸、和食などの日本の文化に触れることができ、日本人にも会える。「ドラゴンボール」や「ワンピース」を愛読し、宮崎駿の映画に共感した子供たちは、ここで日本の文化に触れ、日本に行きたいと思うのは当たり前の成り行きなのかもしれない。

男女ともに大人気の浴衣試着コーナー。笑顔あふれるコーナーのひとつだった
[画像のクリックで拡大表示]
広大な会場内はいたるところに趣向を凝らした無料のアクティビティーがあり、4日間通い続ける日本ファンがたくさんいた
[画像のクリックで拡大表示]