乗車姿勢を簡単にチェンジでき、街乗りからスポーツライドまで楽しめる

 ターン ヴェクトロンS10は、専用工具がなくても簡単にハンドル位置の高さを調節できる。ユーザーの身長に合わせられるだけでなく、街中を走るときは周囲の状況を確認しやすいようにハンドル位置を高く(アップライト)して上体を起こした姿勢で走行できる。

 休日にスポーツライドを楽しむときは、ハンドル位置を低くして爽快なスピードでのペダリングがしやすい姿勢を取ることも可能だ。スポーツ自転車ビギナーは、慣れるまではアップライトポジションで楽しみ、慣れてきたところでハンドル位置を低くするのもいいだろう。

 ブレーキには、雨天時でも高い制動力を発揮する油圧式ディスクブレーキを採用。ワイヤを引いて制動力を出す従来の機械式よりも少ない力でブレーキングできるため、ストレスなく走ることができる。一般的なスポーツ自転車よりも重量のある電動アシスト自転車は、その分ブレーキをかけてから停車するまでの距離が長くなる傾向があるが、油圧式ディスクブレーキを採用したため停車距離が短くなり、安全性が高い。

ハンドル位置を最も低くした状態(左)と高くした状態(右)。2つのレバーだけで調節が可能
[画像のクリックで拡大表示]
ハンドル中央にはフロントライトを標準装備。電動アシストのバッテリーを使った大光量タイプ
[画像のクリックで拡大表示]
高性能ブレーキを数多くリリースするドイツのマグラ製ディスクブレーキを採用
[画像のクリックで拡大表示]