ミニベロ×ボッシュの電動ユニット×10速ギアで、こぎ出し&上りが軽い!

 ミニベロは車輪が小さいため、そもそもこぎ出しが軽い。それに加えて電動アシストの力が加わるので、例えば信号で停車した状態から再スタートして快適スピードに至るまでがラクだ。今回は荷物を運んだ状態では走行しなかったが、バスケットなどに荷物を入れて走り出しても、フラつかずに安定してこぎ出せそうなアシスト力を感じる。

 変速は10速ギアだ。日本規格ではアシストの最高速度は時速24kmで、それを超えるとアシストが効かない。だが、10速ギアのおかげで、時速24kmを超えてもこまめにギア変速すればスピードを維持しやすく、スポーツライドを楽しめる。

 時速24km以下のアシスト走行時にも、上り、下り、平地の斜度に合わせて最適なギアに変速することで、一般的な電動アシスト自転車よりも電動アシストの恩恵を受けながら長距離ライドを楽しめそうだ。ハンドルのグリップ部分も平らで、手のひらが当たる部分を広くすることで長時間握り続けても疲れにくいデザインになっている。この点も、スポーツタイプの自転車としてはうれしいポイントだ。

身長147~195cmに対応する電動アシスト折り畳みミニベロ「ターン ヴェクトロンS10」(希望小売価格 29万8000円)
[画像のクリックで拡大表示]
ボッシュ製の電動アシストユニットを採用。バッテリーは車体の中心に置かれ、車体バランスが崩れない設計
[画像のクリックで拡大表示]
ハンドルに付けられたディスプレーで速度や走行距離などが確認でき、アシスト力は5段階の切り替えも可能
[画像のクリックで拡大表示]