2002年に発売され、今年15周年を迎えるトレーディングカードゲーム「デュエル・マスターズ」(以下、デュエマ)。強くなるには高い戦略性や相手との駆け引きが求められ、次々と登場する魅力的かつ強いカードを手に入れたいといったコレクション性の高さから、多くのファンを持つ。

 現在、小学生に最も人気のあるTCGとされているが、実は15年の間、ずっと好調だったわけではない。なかでも、大きくユーザー数が落ち込んだのが2014年。しかし、2016年には2014年に比べてユーザー数と売り上げともに2倍になる“V字復活”を果たし、この3月からの新シリーズ投入でさらなる伸びを狙う。

 一度は多くのユーザーが離れてしまったデュエマがなぜ大復活を遂げたのか、その秘密に迫る。

今年15周年を迎えるトレーディングカードゲーム「デュエル・マスターズ」
[画像のクリックで拡大表示]

シンプルなルール、「戦略性」と「運」の絶妙なバランスが魅力

  まずは、デュエマの基本的なルールを簡単に説明しよう。2人の対戦型カードゲームで、まず各プレーヤーは40枚の「デッキ」を用意する。自分のデッキを「山札」として置き、5枚を防御壁の役割を果たす「シールド」として並べ、さらに5枚を「手札」として持ってゲームがスタート。手札のカードを使って交互に攻撃を行い、相手のシールドを全て破壊したうえで相手に直接攻撃(ダイレクトアタック)を加えることができたら勝利となる。

 デュエマの大きな魅力は、ルールがシンプルだということ。シールドを破壊したあと、ダイレクトアタックを決めて勝敗が決するという点だ。さらに、一般的なTCGだと攻撃の際にヒットポイントなどを計算する必要があるが、デュエマは基本的に「攻撃を受けたカードは負け」と分かりやすい。

 相手に攻撃を仕掛ける際、それぞれのカードには個別の能力が記されている。例えば、シールドを一気に2枚も3枚も破壊できるカードや、手札で攻撃をするために必要なマナ(コスト)を減らすといった補助的な役割を果たすカードもある。それらをいかに組み合わせて強いデッキを作り上げるかが勝敗のカギを握る。

 強いカードを多くそろえればいいと思うかもしれないが、強いカードは場に出すために必要なコストが高く、マナをためているうちに攻撃を受けて負けてしまうケースもある。つまり、強いカードだけでなく、サポート役も織り交ぜるといったバランスが大事というわけだ。

 強いデッキを作ったとしても、必ず勝てるとは限らない。なぜなら、このゲームの勝敗は「戦略性」だけでなく「運」の要素も多分に含んでいるからだ。

 まず山札はシャッフルしたうえで裏返して置かれるので、シールドや手札がどのカードになるかは引いてみないと分からない。攻撃を受けたときに反撃できたり、とどめの一撃であるダイレクトアタックを無効にできたりといった特殊なカードもあり、大逆転も起こりうるため、ゲームを進めながら最後まで勝負の行方が分からない「ハラハラドキドキ」が保たれる。

各プレーヤーは40枚の「デッキ」を用意
[画像のクリックで拡大表示]
山札から5枚をとって防御壁の役割を果たす「シールド」として並べ(2)、さらに5枚を手札として持ってスタート。手札のカードをバトルゾーンに置いて攻撃を行うが、マナ(コスト)をためないとバトルゾーンにカードを出せない
[画像のクリックで拡大表示]