星野リゾートが長野県軽井沢町に、新業態ホテル「BEB5(ベブファイブ) 軽井沢」を2019年2月5日にグランドオープンした。高級旅館「星のや」や「界」、リゾートホテルの「リゾナーレ」など、高価格帯の宿泊施設を得意としてきた同社。しかしBEB5は、1泊1室1万6000円(税・サービス料込み。以下同)からと、同社のラインアップの中ではリーズナブルな価格帯に位置する。ターゲットは同社が取り込めていないという、20~30代の若い世代だ。

 インバウンドでレジャー業界が活況を呈するなか、なぜあえて低価格帯に進出したのか、リーズナブルでも“星野リゾートらしさ”は残っているのか、実際に泊まって実力を確かめてきた。果たして、若い世代にアピールする仕掛けはあったのか?

軽井沢にオープンした星野リゾートの新業態「BEB5 軽井沢」
[画像のクリックで拡大表示]