1930年代からタイムスリップしてきた“モボ”“モガ”と共に銀座の名所を一回り。最後にはあの和光の屋上で時計越しに夜の銀座を一望――そんな外国人観光客向けナイトツアーを松竹が企画した。2019年1月26~29日に実施された同ツアーに記者が参加。「それって面白いの?」と疑い半分だった記者の期待をはるかに超えた内容と、このツアーに懸ける松竹の迫本淳一社長のインタビューをお届けする。

一般には公開されていない和光の屋上にも特別に入ることができる
[画像のクリックで拡大表示]

 取材した「GINZA THEATRICAL NIGHT TOUR」は、松竹がインバウンド需要の拡大を見越して制作した外国人向けの観光ツアー。観光庁が選定した「最先端観光コンテンツインキュベーター事業」にも選ばれている。松竹によると、今回は本格運用を見据えたプロトタイプとのこと。

ナイトツアーのスタート地点となるのは銀座の東劇
[画像のクリックで拡大表示]

 18時からと21時からの1日2部開催で、記者が参加したのは18時からの部だ。いずれも銀座の映画館・東劇からスタートする。1900年代前半の銀座の写真や映像をスクリーンに映しながら、外国人ツアーガイドが当時の街の様子や名所、「モボ(モダンボーイ)」「モガ(モダンガール)」と呼ばれた若者カルチャーを紹介する。

東劇のスクリーンに昔と今の写真を写しながら、ツアーガイドがかつての銀座の様子を説明する
[画像のクリックで拡大表示]
モノクロ映画の上映中にトラブルが発生し、場内の照明が消灯。明るくなると、映画の中の男女がいた! 二人のスタイルはまさに「モボ」と「モガ」
[画像のクリックで拡大表示]

 このツアーがユニークなのは、ツアー自体が一つの物語になっていることだ。ガイドの説明に導かれて、往年の銀座を舞台にしたモノクロの恋愛映画を見ていたところ、突然、場内が停電。少しの後に再び明かりがつくと、舞台にはさっきまでスクリーンに映っていた男性と女性が立ってる……どうやら彼らは1930年代に撮影された映画から飛び出し、タイムスリップしてきた様子だ。

 なぜか彼らは英語がペラペラ。早く帰らなきゃと慌てる男性に対し、女性のほうは「どうせなら2019年の銀座を楽しみましょう」と提案する。かくしてツアーの参加者たちは、タイムスリップしてきた二人と共に、銀座の街に繰り出すのだ。

 18時の部で回るのは、パン屋の銀座木村家と文房具店の伊東屋、かつては銀座屈指の高級アパートで、現在はたくさんのアトリエやギャラリーが入っている奥野ビルだ。晴海通りを直進して銀座三越の角を右折。中央通りを進む。電飾もまぶしい店舗を左右に眺めながら、銀座木村家の名物「あんぱん」をほおばったり、伊東屋1階のジュースバーで温かいドリンク(同店自慢のレモネード)を飲んだり、伊東屋特製しおりなどのお土産をもらったりする。

 その間にも、タイムスリップしてきた二人にガイドも交えた物語は進行。最後は和光の屋上に上り、銀座のシンボルともいえる時計塔をバックに、ストーリーはエンディングを迎える。ここでオチを書くのは控えるけれど、伏線もきれいに回収された。和光によると、屋上は通常非公開となっており、一般の人が足を踏み入れることはない。ツアー参加者だけに許されたぜいたくな体験と粋な物語に参加者一同、満足の笑みがあふれた。

銀座木村家を訪問
[画像のクリックで拡大表示]
一般のお客さんもいる中を見学する。なかなか大胆な構成
[画像のクリックで拡大表示]
文房具の伊東屋へ
[画像のクリックで拡大表示]
伊東屋ではホットドリンクをもらえる。店舗を出たところで、伊東屋のフロアガイド、ステッカー、特製しおりをセットにしたお土産もプレゼント
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、21時の部では、喫茶店のトリコロールでコーヒーとエクレアを食べ、銀座ライオンでビールと軽食を食べるのだという。いずれも所要時間は約2時間で、参加費用は5800円。定員は20人となっている。「18時の部はあんぱんとジュースなのに、21時の部はエクレアとビールに軽食。それで同じ値段なの?」と疑問に思う人も多いかもしれないが、18時の部は回るエリアが広いうえに、伊東屋でちょっとしたお土産がもらえるのがポイント。また、客層も異なっており、18時の部は子どもも含む家族連れが、21時の部はお酒もたしなめる大人が多かったという。

最後は和光へ行く。タイムスリップしてきた女性、ペギー・タキカワさんは、現代が気に入った様子。ガイド役にも大張り切りだ。その様子がかわいい
[画像のクリックで拡大表示]