いよいよバレンタインデーまであと数週間。2019年のバレンタイン商戦でもっとも注目をされるのは、“第4のチョコ”と呼ばれる「ルビーチョコレート」だろう (関連記事「ネット騒がす2つの“第4のチョコ” ルビーとブロンド」)。

「ルビーチョコレートは」スイスに本社を置くチョコレートメーカーのバリーカレボーが開発。2017年9月に中国・上海で発表された。日本では2018年10月に業務用商品「カレボー ルビーチョコレートRB1(アールビーワン)」として販売を開始した
[画像のクリックで拡大表示]

 ルビーチョコレートは天然のピンク色とベリーのような酸味が特徴。スイスに本社を置くチョコレートメーカーのバリー・カレボーが開発し、2017年9月に中国・上海で発表された。日本では2018年1月にネスレ日本が6カ月間の独占販売契約を締結し、「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」として発売した。

 2018年9月には、ルビーチョコレートを使った菓子を取り扱うブランドが一気に拡大。コンビニ大手のローソンの代表的なスイーツ商品「プレミアムロールケーキ」に、ルビーチョコレートを使ったフレーバーが登場。また、ルビーチョコレートを使ったクリスマスケーキも各社で販売されるなど、大きな話題を集めた (関連記事「“第4のチョコ”が一気に拡大 ローソンのロールケーキも」 「平成最後のクリスマスケーキ 注目は『ヘクセン』と『ルビー』 )。

 ここ数年、秋冬のイベントとしてハロウィーンが盛り上がりを見せる一方、バレンタインの話題は少なかった。しかし、バリー・カレボージャパン グルメセールスダイレクターの押切一浩氏は「ルビーチョコレートが発売されたことで、市場全体が盛り上がっているように感じる」と今回のバレンタインにも期待を寄せる。同社の日本における業務用チョコレートの売り上げは非公表だが、「ルビーチョコレートによって、売り上げが約20%伸びた」と押切氏は説明する。