ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は2018年11月、韓国のアニメ専門放送局・アニプラスと共同でアニメ・ゲームのイベント「Anime X Game Festival」(AGF)を開催した。世界的に人気が高い日本のアニメだが、韓国での公式イベントはこれが初。開催の背景と成功の理由を探った。

韓国で初めて開催された公式のアニメ・ゲームイベント「Anime X Game Festival」。2日間で延べ3万2000人以上が来場し、成功を収めた

 いまや世界中にファンを持つ日本のアニメコンテンツ。テレビ放送や動画配信サービスなどで視聴されたりキャラクターグッズが販売されたりしているのはもちろん、大規模なアニメ関連イベントも世界各地で催されている。

 例えば、アジア地域の「C3 AFA」(旧「Anime Fesitival Asia(AFA)」。2017年に「C3」と統合して改称)。東京のほか、シンガポール、インドネシア、タイ、香港で毎年開催され、日本からも人気アーティストや声優、クリエーターが参加する。米国の「Anime Expo」、欧州ではパリの「Japan Expo」などが有名だ。

 そんな中、日本アニメの人気が比較的低いとされてきたのが韓国だ。他国に比べ、ハイティーン以上に向けたアニメを放送するテレビ局などが少なく、大規模なアニメ関連イベントが開催されたこともない。これは、韓国では“子供の文化”と“大人の文化”の切り分けが明確で、アニメは子供のものというイメージがいまだ強いためだという。