現金より複雑だがメリットもある

 今回の中国滞在中、支払い回数がいちばん多かったのはウィーチャットペイだった。QRコード決済をメインで使うというのは、日本において現金をメインに使っていた筆者にとって大きな変化だった。

 現金の使い方は、古今東西「お金を渡してお釣りをもらう」で変わらない。支払いは年代問わず多くの人に関係するので、シンプルで統一されていた方がよい。

 一方、QRコード決済サービスの使い方は複雑で、サービスによる違いも見られる。そうした理由から、QRコード決済をメインで使う生活スタイルに懐疑的な部分があった。

 だが今回、QRコード決済をメインで使うことで、そのメリットが理解できた。財布をかばんから取り出す必要がほとんどないので、貴重品管理の負担を減らせる。金額の少ない支払いのため、小額紙幣や硬貨の有無を気にすることもなくなる。気を付けるのはスマホだけだ。自分でも現金な人だと思ったが、途中から「これだけ使える場所が多いなら、支払いは現金ではなくQRコード決済がメインでいいかな」と思い始めた。

 今回の中国旅行は、スマホなど電子デバイスへの依存度が高かった。旅行保険はLINE Payで支払って「LINEほけん」に加入。電子書籍版のガイドブック(前出の地球の歩き方は上海版なので別の本)をスマホに入れて出かけた。それから小型翻訳機も持参し、道を聞いたり、支払い方法を尋ねたりする際に使用した。

 新しいサービスやデバイスが、移動や買い物の効率性を高め、安全を確保しやすくなるのであれば、それは歓迎すべき変化なのだろうと今は考えている。

「LINEほけん」に加入した
[画像のクリックで拡大表示]
小型翻訳機を使って、警備の人に天安門広場への行き方を質問。東の方を指差しながら、ひとこと回答をくれた。この一帯は広い
[画像のクリックで拡大表示]

(文/山崎 洋一=日経 xTECH)