使えない場所もあるにはあるが…

 2018年10月のとある週末、北京首都国際空港に降り立った筆者は、空港ターミナル内のケンタッキーにウィーチャットペイのステッカーが貼ってあるのを見つけ、恐る恐る支払いを試してみた。2通りある支払い方法(店舗のQRコードを読み込む、スマホ画面に表示したコードを店舗のリーダーで読んでもらう)のうち、どちらを使うかが分からず戸惑ったが、店員がフォローしてくれて無事支払えた。

 少し歩いた所にファミリーマートがあったので、ミネラルウオーターを購入してみた。今度は滞りなく会計が済んだ。「本当にどこでも使えるのではないか?」と思い始めた筆者は、食事や観光地の入場料、土産代など、できるだけウィーチャットペイで支払ってみようと考え、観光に繰り出した。

 結果から言えば、チェーン店はもちろん、お土産を買った雑貨店、食事を取った小さな刀削麺(とうしょうめん)の店、月餅(げっぺい)が所狭しと積まれた菓子店、さらには読み取り機が付いた自販機など、様々な場所で支払いができた。繁華街ではステッカーを表示していた露店も見かけた。実践する方法を見つけ出せなかったが、QRコードで地下鉄にも乗れるらしい。相当普及していることがよく分かった。

ファミリーマート(右側の店舗)ではひっかかることなく支払いができた
[画像のクリックで拡大表示]
QRコード決済での支払いに対応している自動販売機
[画像のクリックで拡大表示]
飲食店の支払いでも困らなかった
[画像のクリックで拡大表示]

 もちろん、QRコード決済が使えないという場所もある。その一例が万里の長城だ。入場券売り場はレトロな雰囲気が漂う窓口で、聞いたところ案の定ウィーチャットペイは使えなかった。インフォメーションに出向いて質問しても、入場券の購入にQRコード決済は使えないという回答だった。

 だが、探せば解決策は見つかるものである。周辺を歩き回っていると、長城球幕影院(あえて訳すなら万里の長城ドームシアター、だろうか)なる施設のビジョンに「ここの入場券を買った方に長城の入場券を差し上げます」といった趣旨のメッセージが出ているのを見つけた。何かのキャンペーンだろうか。この施設の窓口で聞くと、ウィーチャットペイに対応しているとのことだった。入場券を買うと、なるほど長城の入場券が付いてきた。長い歴史を持つ世界遺産にもQRコード決済は有効だった。

長城球幕影院。ビジョンの上部に、ここの入場券を買ったら長城の入場券を差し上げますといったニュアンスのメッセージが表示されていた
[画像のクリックで拡大表示]
ロープウエーに乗って、長城がはるか向こうへ続く様子を眺めに行ってきた
[画像のクリックで拡大表示]