空間を香りで演出する「Micro Fragrance」

 「消臭効果」をアピールするパナソニックの前でデモを行っていたのは、グローバルネットプランニングが展開する「マイクロフレグランス」。同社が全国のさまざまな施設へ納入しているこの製品は、米国ProliTEC社の製品で、現在は90カ国以上で事業展開し、世界で最も成功を収めているフレグランスサービスなのだという。

フレグランスのボトルがずらりと並んだグローバルネットプランニングのブース。フレグランスは常に新たなものが開発中なので増減はしているものの、トータルで約80種類。プランナーが設置場所やブランドに適切な香りを選んでくれる
[画像のクリックで拡大表示]

 グローバルネットプランニングでは、「フレグランスプランナー」と呼ばれる認定資格を持ったスタッフが、顧客ごとに個別にコンサルティングを実施。設置する顧客の空間に適した機器の選定と、その空間やブランドにマッチした香りとその濃度までセッティングしてくれるとのこと。

 同社の担当者によると、香りによって商品の印象が強まったり、お店への再訪率が上がったりする研究結果があるのだという。香りによるブランディング効果は実証されているのだそうだ。

 納入先の一覧を見ると、大型ホテルやアミューズメント施設、高級車のディーラーなど、見慣れた名称が多数並んでいた。においはトラブルの元になるばかりではなく、よい香りを効果的に使うことでプラスの効果も生み出すのだ。

ディフューザーには数機種があり、設置場所の広さによって機種が選定され、それぞれ月額のレンタル料が異なる。噴霧量などは細かくプログラミングできるようになっている
[画像のクリックで拡大表示]
噴霧器の内部はこのようになっている
[画像のクリックで拡大表示]
マイクロフレグランスの秘密は、このボトルのノズルの構造にあるという。特殊な構造のノズルがフレグランスを目に見えない微粒子の霧として空気中に放出するため、わずかな空気の流れで広く拡散するのだそうだ
[画像のクリックで拡大表示]

(取材・文/稲垣 宗彦)