トレンド・フォーカス

Amazon Echoを核に、スマートホームの未来は切り開けるか?

日経クロストレンド EXPO 2018

2018年12月04日

センサーを組み合わせるソニー・マーケティング

 ソニー・マーケティングが出展していたスマートホームソリューション「MANOMA」では、Amazon Alexaを活用し、戸締まりの指示や確認、照明やテレビのオン/オフ制御ができる。さらに扉の開閉センサーや人感センサー、室内カメラを組み合わせることで、セキュリティを高めることも可能だ。ほかにも、子どもに電子的なタグを持たせることで、会社にいながらにして帰宅通知を受け取ったり、自分が帰宅したときに自動的にBGMを流したりといったことにも対応するという。

ソニー・マーケティングはスマートホームソリューション「MANOMA」を出展
[画像のクリックで拡大表示]
スマートスピーカーとしての機能やLTE接続機能などを備えたスマートホームのハブとなる独自開発の装置「AI Home Gateway」を中心に、さまざまなセンサーや室内カメラ、スマートタグなどを組み合わせ、スマートホームを実現する
[画像のクリックで拡大表示]

Alexaで室内照明を演出するアイリスオーヤマ

 お手ごろな価格設定の家電製品を数多くリリースすることで知られるアイリスオーヤマは、Amazon EchoやGoogle Homeを利用して制御可能なLEDシーリングライトやLED電球などの照明器具を紹介していた。

 LED照明器具は明るさを変える調光機能だけでなく、発色の異なるLED素子を組み合わせることで色合いを変える調色機能を持たせることもできる。同社の照明器具も昼白色や電球色といった調色できる製品があり、その色を音声による指示で変更することが可能だ。

アイリスオーヤマのブース。価格のこなれた同社のLEDシーリングライトはAmazonなどでも高い人気を誇るが、スマートスピーカー対応でより高機能に。Google HomeやAmazon Echoで制御できるLEDランプも出展していた
[画像のクリックで拡大表示]

PR

日経トレンディ 最新号案内

日経トレンディ
2019年7月号

お知らせ画面を閉じる

本サイトは更新を終了しました

 「日経トレンディネット」は2019年3月31日で更新を終了しました。今後、商品・サービスの情報は日経クロストレンドでお読みください。
 本サイトの記事は、今後、順次閲覧ができなくなり、19年6月30日にサイトを閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。

●最新号のお知らせ(サンプルファイルのダウンロードなど)は下記からご覧ください。