片手で操作しやすいことから人気のあるコンパクトスマホ。なかでも性能も高いソニー「Xperia Z5 Compact」とシャープ「AQUOS Compact」を比べてみてわかった良し悪しとは……。

[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン(スマホ)が普及し始めて5〜6年が経ったが、ここ数年は年々画面サイズが大型化しており、昨年にはついにiPhoneも4.7インチと5.5インチとなった。

 一方、Androidでも少し前までは5インチが標準だったが、画面の周りのフレームを細くした狭額縁デザインによって最近では5〜5.5インチ程度が標準となってきており、6インチサイズも珍しくなくなってきた。

 そんな中、画面が4インチ台の小型スマホは根強い人気がある。4インチのiPhone 5sは今でも一定量売れているほか、昨年発売されたソニーの「Xperia Z3 Compact」はiPhoneシリーズに匹敵する人気機種となった。

 そこで、今回はXperia Z3 Compactの後継機種として注目度が高いソニーの最新4.6インチ小型スマホ「Xperia Z5 Compact(型番:SO-02H)」と、同じく4.7インチ小型ハイスペックなシャープ製スマホ「AQUOS Compact(型番:SH-02H)」を実際に使ってレビューしていく。今回のレビューでは、日常使っていく上でどちらが不満なく使えるのか探りたい。

 なお、Xperia Z5 Compactは11月13日よりNTTドコモから販売されており、価格は本体価格が7万8600円で実質負担価格が4万円程度(ドコモオンラインショップでは税込み3万9528円)。AQUOS Compactは12月4日にドコモから発売され、実勢価格は本体価格が7万3800円で実質負担額が3万円半ば程度だ(ドコモオンラインショップでは税込み3万4344円)。

持ちやすさに差がある?

 小型モデルで大事なのは持ちやすさだろう。サイズが小さい機種はたいてい持ちやすいのだが、重さや重量バランスによっては違和感を感じることもある。今回比べた2機種についていえば、スペック上はほぼ同じようなサイズ感となっている。

 実際に持ってみると、AQUOS Compactがより手に収まりが良く、持ちやすい。Xperia Z5 Compactは、Xperia Z3 Compactから比較すると厚みが約0.3mm増しただけのはずなのだが、かなり分厚くずっしりとした重みを感じる。

 とはいえ、これらの差はさほど気になるものでもない。細かい部分では、AQUOS Compactのほうが持ちやすいのだが、Xperia Z5 Compactも大きな問題はないだろう。

左がAQUOS Compact、右がXperia Z5 Compactの背面。カラーバリエーションはAQUOS CompactがYellow×SilverとBlue×Blackの2色、Xperia Z5 Compactは、ホワイト、イエロー、コーラル、ブラックの合計4色をラインアップする
[画像のクリックで拡大表示]
手前からAQUOS CompactとXperia Z5 Compact。厚みもほぼ同じ
[画像のクリックで拡大表示]
AQUOS Compactを持ってみたところ。120g台なので、Xperia Z3 Compactとほぼ同じ重さ
[画像のクリックで拡大表示]
Xperia Z5 Compactを持ってみたところ。138gと少し重いだけなのだが、AQUOS CompactやXperia Z3 Compactよりも、ずしっとくる
[画像のクリックで拡大表示]