フランスの音響機器メーカー、デビアレは2018年11月20日、小型高出力のスピーカー「Phantom REACTOR」(ファントムリアクター)を発表した。容量3リットルほどの小さな楕円形ボディーから、まるでライブ会場にいるかのような臨場感のあるサウンドが得られるという。果たしてどれだけのものなのか、体験してきた。

デビアレのスピーカー「Phantom REACTOR」(ファントムリアクター)。小型高出力が特徴だ
[画像のクリックで拡大表示]
幅157㎜、奥行き219㎜とコンパクト。独特の丸っこい形をしている
[画像のクリックで拡大表示]