2018年12月1日、テレビ放送で新たに「新4K8K衛星放送」がスタートする。放送業界にとっては、地上波がデジタル化した“地デジ”以来のビッグイベント。世界に先駆けてスタートする8K放送、そして4K放送として合計16チャンネルが一挙に加わる。

2018年12月1日に「新4K8K衛星放送」が始まる
[画像のクリックで拡大表示]

 日本のテレビ放送の4K化は、4K試験放送「Channel 4K」(2016年に終了)、4K実用放送「スカパー! 4K」で順次進められていた。だが、これらは専用アンテナを用いる124/128度CS衛星の放送のため、有料放送の「スカパー!」契約者向けの付加サービスというイメージが強かった。

 新4K8K衛星放送では、「NHK BS4K」「BS朝日」「BS-TBS 4K」「BSテレ東」「BSフジ」と、現在のBSデジタル放送と同じ放送局がチャンネルを開設し、無料で放送する(BS日テレのみ2019年12月開始)。既に「新4K8K衛星放送」の番組表ガイドが公開されているが、映画や自然番組のように高画質の強みが生かしやすい番組に限らず、いずれは一般的なテレビ番組でも4K化が進んでいく期待が大きい。

 放送フォーマットは4K(3840×2160ドット)でコマ数は2倍の60p。HLG方式(ハイブリッドログガンマ)のHDRを採用し、色再現はBT.2020の新方式となる。4K、HDR採用といった高画質化はBlu-rayなどのパッケージ、ネット配信が先行していたが、4K化で放送が一気に肩を並べることになる。

世界初となる「8K放送」もスタート
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに高画質で一躍トップの座に上り詰めることになるのが世界初の「8K放送」のチャンネル「NHK BS8K」だ。8K画質はNHKが「スーパーハイビジョン」として取り組んできた分野。世界に先駆け、4Kを超える圧倒的な臨場感を体験させてくれる。